誕生石一覧表・生まれ月でパワーストーンを選んでみませんか?

花で飾ったケーキ

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

パワーストーンの選び方がわからない、ということはありませんか?

そんな時は、誕生石(たんじょうせき)でパワーストーンを選ぶのも一つの方法です。

そこで、誕生石を一覧表にまとめてみました。

あなたも、誕生石一覧表を見ながら生まれ月でパワーストーンを選んでみませんか?

誕生石一覧表

花で飾ったケーキ

誕生石(たんじょうせき)にはさまざまな説があり、国によっても異なります。

今回ご紹介するのは、日本で一般的に知られている誕生石。

誕生石一覧表には、石の名前とともに、期待できる主な効果を記しています。

パワ美
期待できる主な効果には、パワーストーンセラピストの私が個人的に感じるパワーも含んでいます。

また、石の名前のリンク先は、石ごとの詳しい記事ページです。

早速、誕生石一覧表で、あなたも生まれ月のパワーストーンをチェックしてみて下さいね。

生まれ月石の名前期待できる主な効果
1月ガーネット勝利へのサポート
2月アメジスト気持ちを安定させる・恋を引き寄せる
3月アクアマリン勇気と冷静さをもたらす
3月コーラル女性の体調を整える・出産のお守り
3月ブラッドストーン血の巡りを良くして体力を強化
4月ダイヤモンド高いエネルギーを引き寄せ、真実を明らかにする
5月エメラルド人間関係を円滑にするサポート・恋愛運アップ
5月ジェイド道徳心を育む・魔除け
6月パール内面の美しさを引き出す・妊娠や出産のお守り
6月ムーンストーン月のバイオリズムと同調し、女性の体調を整える
7月ルビー生命力を高める・勝負運アップ
8月サードオニキス情緒を安定させる
8月ペリドットマイナス思考をプラス思考に変える
9月サファイア冷静な判断をサポート・潜在能力を引き出す
10月オパール創造力を高める
10月トルマリンマイナスのエネルギーを浄化
11月シトリン金運や恋愛運をアップする
11月トパーズ夢や目標の実現をサポート
12月ターコイズ自由な発想と冒険心をもたらす
12月タンザナイト気持ちを安定させる・転機をサポート
12月ラピスラズリ自分が進むべき道を教える

 

こうして誕生石一覧表を見てみると、同じ月に何種類かの誕生石があることに気付きませんか?

その場合、どのようにしてパワーストーンを選べば良いのでしょうか。

同じ月に何種類かの誕生石がある場合は?

誕生石一覧表を見て、同じ月に何種類かの誕生石があると迷いますよね。

例えば、3月の誕生石で有名なのはアクアマリンです。

でも誕生石一覧表にはアクアマリン以外にも、コーラル(珊瑚)やブラッドストーンがあります。

その場合は、アクアマリン、コーラル、ブラッドストーンのうち、あなたが好きなパワーストーンを選ぶと良いでしょう。

 

では、誕生石についてもう少し詳しく見ていきましょう。



誕生石とは?

カラフルなパワーストーンブレスレット

誕生石(たんじょうせき)とは、生まれ月ごとに決められた石のことです。

生まれ月ごとに、各月を象徴する天然石が当てはめられ、古くから、守護石として身につけられてきました。

誕生石は、守護石として持ち主を守ってくれたり、良い方向へ導いてくれるとされています。

また、「誕生石を身に着けると幸せになれる」ともいわれています。

このため、パワーストーンの選び方の一つとして、誕生石で選ぶという方法があります。

パワ美
誕生石でパワーストーンを選ぶ場合は、それぞれの石が持つもともとの意味もよく見て選んで下さいね。

 

ところで、誕生石というと、パワーストーンよりも、宝石のイメージが強いのではないでしょうか。

それもそのはず、誕生石は、宝石商によって広められたといわれているのです。

 

では続いて、誕生石の始まりについて見ていきましょう。



誕生石の始まり

誕生石の始まりは、旧約聖書の「出エジプト記 28.17-21」に登場する12個の宝石が起源だとされています。

旧約聖書の「出エジプト記 28.17-21」によると、12個の宝石には、イスラエルの12の部族それぞれの名が彫られたとか。

ただし、誕生石の始まりや由来にはさまざまな説があり、明らかにはなっていません。

他にも、聖書にはさまざまな場面で多くの宝石が登場します。

新約聖書の「ヨハネの黙示録21.18-21」に登場する都の城壁を飾る12種類の宝石が由来となっている、という説もありますね。

また、12種類の宝石が具体的にどの石を指すのか、という点もハッキリとは定義されていないようです。

パワ美
いずれにしても、古くから宝石(パワーストーン)の神秘的なパワーに人々が惹かれていたということがわかります。

その後、誕生石が一般の人々に知られるようになったのは、18世紀のポーランドといわれています。

ポーランドへ移住したユダヤ人の宝石商が、より多くの人に宝石を売るためのうたい文句として誕生石を広めたとか。

誕生石の始まりや由来にはさまざまな説がありますが、なかなか興味深い話ですね。

誕生石は国によって違う!?

一般の人々に知られるようになった誕生石。

当初、宝石商によって選定される種類が異なっていましたが、1912年8月にアメリカで開催された米国宝石組合大会で統一されました。

とはいえ、アメリカ、イギリス、そして日本など、各国で誕生石は微妙に違います。

パワ美
例えば、先ほどご紹介した3月の誕生石でコーラル(珊瑚)を選定しているのは日本独自の誕生石です。

実は、各国の誕生石は、アメリカの誕生石を基準として、国によって少しずつ違う誕生石が選定されているのです。

 

ちなみに、日本では1958年(昭和33年)に全国宝石卸商協同組合が日本の誕生石を選定。

そして、イギリスでは1937年に貴金属商組合がイギリスの誕生石を選定しました。

また、誕生石には、生まれ月以外に星座別の誕生石もあります。

星座別の誕生石についてはこちらをご覧下さい
星座石一覧表・相性の良いパワーストーンとは?あなたを守護!?

誕生石を身に着けると幸せになれるかも!?

オニキスのブレスレット
今回は、誕生石一覧表をご紹介しました。

誕生石は生まれ月によって決められているため、持ち主と相性が良いといわれています。

あなたも、誕生石を身に着けると幸せになれるかも!?

大切な人へのプレゼントを選ぶ時などにも参考にしてくださいね。

パワーストーンの選び方についてのこちらの記事もご覧下さい
パワーストーンの選び方は直感?生年月日?5つの方法で解決!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



花で飾ったケーキ