パワーストーンの選び方は直感?生年月日?5つの方法で解決!

種類の違うパワーストーンブレスレット3本

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

「パワーストーンの選び方がわからない。」

こんな声をよく聞きます。

 

実際に、私もパワーストーンセラピストになる以前は、選び方がわからない時がありました。

「本当にこの石で良いの?」

「もしかして違う石の意味の方が私には合ってる?」

あなたも、パワーストーンの選び方で困っていませんか?

 

今回は、パワーストーンの選び方などについてお伝えします。

「直感?生年月日?」「選び方がわからないので悩んでしまう。」

そんなあなたの悩みを解決しましょう。

パワストーンセラピストの私が、パワーストーンの選び方・5つの方法をご紹介します。

ぜひ参考にして下さいね。

パワーストーンの選び方は直感?生年月日?

種類の違うパワーストーンブレスレット3本
パワーストーンの選び方には、さまざまな方法があります。

その中で、パワーストーンセラピストの私が一番おすすめするのは、直感で選ぶ 方法です。

でも、必ず直感で選ぶ方法じゃなければいけない、というわけではありません。

パワーストーンの選び方には、他にもいくつかの方法があります。

他の選び方でも、あなたにピッタリの石選ぶことができるかもしれません。

 

では、パワーストーンの選び方には、どのようなものがあるのでしょうか。

具体的にご紹介しますね。



パワーストーンの選び方・5つの方法

キラキラと輝くオパール
パワーストーンの選び方には、次の5つの方法があります。

  1. 直感で決める
  2. 生年月日で決める
  3. 石の意味や効果で決める
  4. 好きな色で決める
  5. 自分なりの理由によって決める

では、5つの方法それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

1:直感で決める

人との相性のイメージ・熊のぬいぐるみ2体
パワーストーンの選び方、1つめの方法は、「直感で決める」方法です。

何よりも大切なのは、あなたと石がどのような相性であるか、ということです。

それには、やはり直感が大切です。

直感というと、「私には難しくてわからない。」と思われるかもしれません。

では、わかりやすく、人との出会いで考えてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、初対面の人なのに「あれっ?この人どこかで会った気がする。」、「この人とは、会話がスムーズに進む。」という感覚になったことはありませんか?

パワーストーンを選ぶ時も、そんな感覚を大切にして下さい。

何回もパワーストーンを選んでいるうちに、直感が冴えてきます。

また、石からのメッセージさえ受け取れるようになってきます。

でも、最初から、あまり深く考えなくても大丈夫です。

パッと見た瞬間の 直感 が大切です。

「何となくその石が気になる。」という直感でパワーストーンを選んで下さいね。

2:生年月日で決める

生年月日のイメージ・誕生日ケーキのローソク

パワーストーンの選び方、2つめの方法は、「生年月日で決める」方法です。

生年月日で決める方法は、簡単ですね。

あなたの 誕生石星座の石 を選べば良いのです。

ただし、いくらあなたの誕生石でも、しっくりこない時もあり得ます。

誕生石がしっくりこない時は、あなた自身が、誕生石の持つエネルギーを必要としていない時だと捉えて下さい。

ある程度の時間が経った時に、改めてその石に触れると、ピン!と来ることもあります。

 

誕生石がしっくりこない時は、他の方法でパワーストーンを選んで下さいね。

誕生石星座の石 については、また機会があればご紹介します。

3:石の意味や効果で決める

ローズクォーツのアンティークリング
パワーストーンの選び方、3つめの方法は、「石の意味や効果で決める」方法です。

パワーストーンには、それぞれの石が、本来もっている意味があります。

また、それぞれの石が得意とする効果もあります。

あなたの願いがハッキリとしている場合は、石の意味や効果でパワーストーンを選ぶのも一つの方法です。

 

例えば、あなたの願いが恋愛運アップなら、ローズクォーツ を選ぶのが良いかもしれません。

石の意味や効果については、ネットや本で調べたり、お店で聞いてみるとわかりますよ。

 

パワーストーンの種類別の効果について、おすすめの記事があります。

あなたが気になる石があれば、石の名前で検索することができます。

ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒パワーストーンの種類別効果と石言葉まとめ・一覧!石の名前で検索!

4:好きな色で決める

カラフルな色の花

パワーストーンの選び方、4つめの方法は、「好きな色で決める」方法です。

あなたがパワーストーンを身につける時は、パワーストーンブレスレットやストラップ、アクセサリーなどを購入するのが多いのではないでしょうか。

それなら、パワーストーンを選ぶ時に、好きな色で決めるという方法もおすすめです。

 

普段身につけるパワーストーンは、洋服や持物とのコーディネートも重要ですよね。

そこで、あなたの好きな色でパワーストーンを選んでみましょう。

そうすれば、あなた自身の心が、落ち着きます。

そんなあなたのエネルギーを受けると、きっと、石が喜んでくれます。

パワ美
石が嬉しくて、頑張ってくれますよ。石からしてみても、あなたに違和感なくつけてもらうことが嬉しいのです^^

 

でも、1~4の方法で、どうしても選ぶことができない時には、どうすれば良いのでしょうか。

そんな時は、次の方法でパワーストーンを選んで下さい。



5:自分なりの理由によって決める

手帳
パワーストーンの選び方、5つめの方法は、「自分なりの理由によって決める」方法です。

先ほども少し触れましたが、パワーストーンはあなたに違和感なくつけてもらうことが嬉しいのです。

ですので、あなたがパワーストーンを選ぶ時に、自分なりの理由によって決めるのも良い方法です。

 

例えば、私の今までの経験だと…。

私が尊敬している、凄い経営者の方がいます。

その方は、いつも数種類の石を組み合わせた、パステルカラーのパワーストーンブレスレットを身につけています。

その方を見ていると、常に、とっても夢のあるお仕事をされているのです。

新しいことをどんどん取り入れながらも、自分の軸は保っています。

 

「私も柔軟な考え方になって、いろいろなものに挑戦したいな。」

そう思った私は、その方のパワーストーンブレスレットを参考にして、淡いパステルカラーのパワーストーンブレスレットを身につけることにしました。

すると、効果をしっかりと感じることができましたよ。

今までなら苦手だと思っていたことに、どんどん挑戦できるように♪

さらに、「失敗してもまぁ、いいか。」という風に考えられるようにもなりました。

 

この場合は、私が尊敬する人のような考え方になりたい、という理由です。

その人の柔軟な考え方に惹かれて、その人が見に付けているパワーストーンブレスレットに似た色で選んだ、ということです。

パワ美
完全に、自分なりの理由で選んでいますよね^^

 

ですので、もし1~4の方法で、どうしても選ぶことができない時には、あなたも自分なりの理由で選んで下さいね。

 

ここまで、パワーストーンの5つの選び方を見てきました。

パワーストーンの効果を高めるためには、大切なポイントがあります。

最後に、パワーストーンの効果を高めるための大切なポイントを確認しておきましょう。

パワーストーンの効果を高めるための大切なポイント

太陽の光に照らされる木と白い小花・浄化のイメージ
パワーストーンの効果を高めるためには、次の2つのポイントに気を付けて下さい。

  1. パワーストーンを友達のように扱う
  2. パワーストーンを時々浄化する

この2つはとっても大切なポイントです。

 

パワーストーンの効果についての詳しい記事があります。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

⇒パワーストーンは効果があるのかなぁ?信じるための3つのポイント!

 

また、パワーストーンの浄化方法については、こちらの記事を参考にして下さい。

⇒パワーストーンを浄化する10の方法!しないとどうなるの?

まとめ

水晶とシトリンのパワーストーンブレスレット
今回は、パワーストーンの選び方などについてお伝えしました。

パワーストーンの選び方は直感?それとも生年月日?

あなたの悩みは、5つの方法でスッキリ解決できそうでしょうか。

 

パワーストーンを選ぶ時には、まずは、あなたの 直感 を信じて選んで下さいね。

あなたにピッタリの、素敵なパワーストーンを選ぶことができますように。

 

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



種類の違うパワーストーンブレスレット3本

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。パワーアップや運気アップすることが大好きです!プラスのエネルギー満載で、パワーストーンやパワースポットなどの情報をお伝えします。