種銭(たねせん)はいくら入れると良いの?意味は?新しい財布に入れる時の作り方!

財布を持つ女性のイラスト・金運アップのイメージ

種銭(たねせん)はいくら入れると良いのでしょうか。

財布で金運アップをするためには、種銭(たねせん)はとっても大切な要素の一つです。

種銭の意味を知れば、あなたも財布に入れたくなるハズ。

今回は、種銭はいくら入れると良いのか、についてお伝えします。

種銭の意味や、新しい財布に入れる時の作り方もご覧ください。

目次

種銭(たねせん)はいくら入れると良いの?

財布を持つ女性のイラスト・金運アップのイメージ

種銭(たねせん)はいくら入れるとよいのでしょうか。

種銭の考え方にはいろいろありますが、私のおすすめは次の5のつく金額です。

  • 5円
  • 50円
  • 500円

上記のいずれかの金額を種銭として財布に入れることをおすすめします。

その理由は、基本的に5という数字には「ご縁」という語呂合わせの意味があるから。

つまり、5は縁起が良い数字なので種銭として財布に入れることで金運アップの効果が期待できるのです。

ただし、種銭は必ず硬貨と決まっているわけではありません。

人によっては紙幣(1万円札もアリ)を入れる人もいます。

もし、あなたが紙幣を種銭として財布に入れたいなら、5万円を入れるなんていうのも良いでしょう^^

パワ美

あくまで、私個人の意見として、5円・50円・500円のいずれかをおすすめしています。

縁起の良い数字については、こちらの記事をご覧ください。

⇒縁起の良い数字を車のナンバー以外にも使えば運気アップができるかも!?585や115の意味は?

では次に、種銭の意味について見てみましょう。

種銭(たねせん)の意味は?

種銭(たねせん)の意味は『お金を呼びよせるための種』ということです。

お金は寂しがり屋さんです。

仲間がいる所に集まるといわれています。

このため、新しい財布に種銭を入れておくことで、種銭が仲間のお金を呼び込んでくれるといわれているのです。

パワ美

新しい財布に種銭が入っていると、そこにダダッ!とお金が入ってきてくれるということですね。

つまり、種銭の意味は『お金を呼びよせるための種』ということになります。

たしかに、日常のちょっとした出来事でも、何かきっかけがあると、そこからダダッ!と進んだりすることってありますよね。

種銭も、財布にダダッ!とお金が入ってきてくれるきっかけのようなものです。

パワ美

これも、きっと引き寄せの法則です^^

ですので、新しい財布には、使い始めに種銭を入れておきましょう

使い始めに種銭を入れておくことが、新しい財布の金運をアップさせるためにはとっても大切な要素の一つなのです。

では、種銭とはそもそもどういうものなのでしょうか。

種銭(たねせん)とはどういうものなの?

種銭(たねせん)は財布で金運アップをするための大切な要素のひとつです。

種銭は、もともとは投資の世界で使われる言葉でした。

例えば、あなたが「株式や仮想通貨で投資をしたい」と思ったとします。

すると、その元手となるお金が必要ですよね。

その元手となるお金が種銭です。

また、硬貨の鋳型(いがた)を作る時に、ダミーとして使われるものも種銭と呼びます。

現在では、財布に入れて金運アップ効果を期待するお金のことを種銭(たねせん)と呼ぶようになりました。

ちなみに、種銭は、「種」と「銭」と書きますよね。

「種」と「金」ではありません。

「銭」と書くということは、それだけ歴史があるというのがわかります。

きっと古くから、種銭の効果を多くの人が実感してきたのではないでしょうか。

パワ美

私も、種銭の効果を実感しているうちの一人。だからこそ、あなたにも種銭をおすすめしたいのです。

では実際に、あなたの新しい財布に種銭を入れるには、どうすれば良いのでしょうか。

新しい財布に種銭を入れるには?

リボンが付いたピンクの財布のイラスト


新しい財布に種銭を入れるには、2つの方法があります。

新しい財布に種銭を入れるには2つの方法がある

  1. 自分で作る
  2. 神社などでお種銭やお守りをいただく

新しい財布に種銭を入れる2つの方法は、自分で作る、もしくは神社などでお種銭をいただく方法です。

銭のお守りを授与している神社もありますね。

関西では、大阪府大阪市浪速区にある敷津松之宮(しきつまつのみや)の種銭のお守りが有名です。

敷津松之宮(しきつまつのみや)は、関西のパワースポットとしてもご紹介しています。

ぜひチェックしてみてください。

⇒関西のパワースポット・金運アップおすすめランキングベスト15!

ここでは、自分で作る方法として、種銭を財布に入れる時の作り方をご紹介します。

種銭を財布に入れる時の作り方

種銭にする5が付く硬貨のイラスト

種銭を財布に入れる時の作り方は、次の手順で進めます。

種銭を財布に入れる時の作り方手順
  1. 5が付くお金(硬貨)を用意する
  2. 糸やリボンを付けて種銭を作る
  3. 種銭を財布に入れる

とっても簡単ですね。

では手順に沿って、詳しく見ていきましょう。

1:5が付くお金(硬貨)を用意する

まずは、5が付くお金(硬貨)を用意しましょう。

用意するお金(硬貨)は、お金に「ご縁」があるように5が付くお金にしてくださいね。

お金に「ご縁」があるように入れる種銭です。

先ほどお伝えした通り、5円玉だけではなく、50円玉や500円玉もおすすめです。

2:糸やリボンを付けて種銭を作る

次に、用意したお金に種銭の目印として、糸やリボンを付けましょう。

5円玉や50円玉の場合は、糸やリボンを付けて種銭を作ります。

当然ながら500円玉の場合は糸やリボンはつけられませんが大丈夫です。

ただし、種銭と他の効果を区別するために、布や和紙で包むなどして目印をつけておきましょう。

糸やリボンを付ける場合は、リボン結び(蝶々結び)でもかた結びでも、どちらでも大丈夫です。

ちなみに、私はいつも、糸やリボンがほどけないようにギュッと固く結びます。

パワ美

種銭の糸やリボンなどは、汚れたら綺麗にしましょう。新しい糸やリボンと交換します。

3:種銭を財布に入れる

最後に、種銭を新しい財布に入れればO.K.です。

種銭は、実際に使うお金とは分けて入れておきましょう。

そうすれば種銭が汚れたり、間違って使ってしまったりする心配がありません。

パワ美

出来上がった種銭は、使わないようにしてくださいね。

そして、できるだけ種銭が見えないように財布に入れるのもおすすめポイントです。

さらに、種銭の効果を高めるために、可能であれば実践したいことが2つあります。

種銭の効果を高めるために実践したい2つのこと

種銭の効果を高めるために、可能であれば次の2つのことを実践してください。

  1. 種銭用の5が付くお金(硬貨)は、自分が信頼する人や金運がありそうな人からいただく
  2. 種銭用の5が付くお金(硬貨)は、神社の手水などで清めてから種銭にする

詳しく見ていきましょう。

1:自分が信頼する人や金運がありそうな人からいただく

種銭用の5が付くお金(硬貨)は、できれば自分が信頼する人や金運がありそうな人からいただきましょう。

ただし、あくまでも「可能であれば」ということです。

気持ちをさらに高めるための「可能であれば」という意味として捉えてください。

なぜかというと、「5が付くお金が欲しい」なんて、誰にでもお願いできるものではありませんよね。

ですので、無理ならご自分で用意してください。

自分で用意しても、種銭はちゃんと効果を発揮してくれますよ。

私の場合は…。

小学生になった時「新しいお財布を使い始める時、誰かに5が付くお金を入れてもらうと良いよ。」と、母から教えてもらいました。

そして、初めて持った自分の財布に、母が50円玉をポンっ!と入れてくれたのです。

パワ美

とっても嬉しかったのを覚えています^^

2:神社の御神水で清めてから種銭にする

種銭用の5が付くお金(硬貨)は、神社の御神水で清めてから種銭にしましょう。

パワ美

お金を御神水で清めてから種銭にすると効果がアップするといわれています。

可能であれば銭洗弁財天へ参拝するのも良いですね。

神社によっては、銭洗いの御神水が用意されていることもあります。

ただし、神社の手水などで清める場合は、他の方のご迷惑にならないように注意をしてください。

上の2つのことを実践すれば、種銭はさらにパワーアップしてくれるでしょう。

では、種銭についてもう少し見ていきましょう。

種銭は他にも

三万円のイラスト


種銭は他にもあります。

例えば、次の2つの種銭がよく知られています。

  • 風水で縁起が良いとされる金額「115円」にする種銭
  • お札(1万円札)を新しい財布に入れる種銭

ですが、私の場合、種銭はあくまでも先程ご紹介した2つの方法で用意しています。

  1. 5が付くお金(硬貨)を用意して自分で作る
  2. 神社などでお種銭やお守りをいただく

また、新しい財布に入れるお札は種銭とは分けて考えています。

簡単に言うと、次のようになります。

  • 種銭は硬貨もしくは、神社などでいただいたお守りなど(使わないように分けておく)
  • 新しい財布に入れるお札は、お金が入っている状態を財布に記憶させるためのもの(使っても良い)

財布に記憶させるためのお札については、こちらの記事に詳しく書いています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

⇒財布は使い始めに寝かせると金運アップ!効果を実感!場所はどこが良い?

まとめ

五万円のイラスト

今回は、種銭(たねせん)はいくら入れると良いのか、などについてお伝えしました。

種銭の意味は『お金を呼びよせるための種』ということです。

新しい財布に入れる時の作り方はとっても簡単です。

あなたも、財布に種銭を入れて金運アップを目指してみてください。

種銭(たねせん)については、さまざまな説があります。今回ご紹介した内容は、私の個人的な実践や経験に基づいたものです。誰にでも効果があるとは限りません。

パワ美

でもでも一度試してください。気分が上がるので、きっと運気アップはできるはず!

他にも金運アップをするための方法はありますよ。

こちらの記事でまとめています。

ぜひご覧ください。

⇒お金が貯まる財布の使い方・選び方まとめ!5つのポイントとは?

財布を持つ女性のイラスト・金運アップのイメージ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次