狛犬(こまいぬ)とは何か?阿吽(あうん)の意味は?神社参拝の楽しみの一つ!

五宮神社の本殿

狛犬(こまいぬ)とは何かご存知でしょうか。

あうん(阿吽)の口をした、あのかわいい狛犬です♪

神社や寺院などでよく目にしますよね。

狛犬好きの方にとって、さまざまな狛犬を見るのも神社参拝の楽しみの一つ!

 

今回は、狛犬(こまいぬ)についてお伝えします。

狛犬とは何か?

阿吽(あうん)の意味は?

かわいい狛犬の謎にせまります!

[quads id=1]
目次

狛犬(こまいぬ)とは何か?

五宮神社の本殿

狛犬(こまいぬ)とは、獅子のような一対の像のことです。

神社や寺院などの入り口や参道、本殿の正面などに設置されている狛犬。

誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

狛犬の読み方は『こまいぬ』です。

でも『犬』ではありません。

狛犬は獅子のような見た目をしています。

実際に存在するのではなく、空想上の霊獣とされています。

 

ただし、狛犬についてのハッキリとした説はありません。

まだまだ謎が多いというのが現状です。

 

上の写真の狛犬は、兵庫県神戸市にある五宮神社の狛犬です。

石のかわいい狛犬さん♪

狛犬を見ただけでテンションが上がりますよね。

 

でも、狛犬には大切な役割があるのです。

次に、狛犬の役割を見てみましょう。

狛犬の大切な役割は?

狛犬の大切な役割は、神社や寺院を守護すること。

例えば、神社の狛犬は、神社の神様や境内全体を守護しています。

狛犬は魔除けや邪気祓いをするために設置されているということですね。

 

お寺の場合は、三門(山門)に一対の仁王像を設置して、魔除けや邪気祓いをしていることが多いです。

でも時々、お寺にも狛犬が設置されていることがあります。

 

例えば、東大寺の南大門には、一対の仁王像の奥に狛犬が。

東大寺の南大門に設置されている狛犬は、石製の狛犬としては日本最古だとか。

国の重要文化財に指定されている「石獅子」です。

狛犬の特徴は阿吽(あうん)の口

狛犬(こまいぬ)の大きな特徴といえば阿吽(あうん)の形をした口。

左右で口の形が違います。

口を開いている狛犬と、口を閉じている狛犬があるのです。

口を開いているのが「阿(あ)」、口を閉じているのが「吽(うん)」です。

 

では、阿吽(あうん)には、どのような意味があるのでしょうか。

阿吽(あうん)の意味は?

五宮神社の右の狛犬(阿)

阿吽(あうん)には、『ものごとや人生、宇宙の始まりと終わり』という意味があります。

 

阿吽(あうん)は、もともと仏教の教えによるもの。

サンスクリット語の最初の音最後の音に由来しています。

 

お寺の仁王像も、口を開けているのが阿形(あぎょう)、口を閉じているのが吽形(うんぎょう)です。

そして、神社を守護している狛犬も、本殿に向かって右側が阿形(あぎょう)、左側が吽形(うんぎょう)になっているのが一般的です。

 

では、「阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)」という言葉と関係があるのでしょうか。

「阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)」という言葉

「阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)」という言葉の意味は、「お互いの呼吸ピッタリと合わせるように行動すること」です。

言葉を掛けなくても、お互いの気持ちなどを読み取りスムーズに物事を進めることができる様子を「阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)」といいます。

パワ美
「阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)」で物事を進められる2人のことを「阿吽の仲」と表現しますね。

まさに、狛犬は「阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)」で神社や寺院を守護している「阿吽の仲」といえます。

 

阿吽(あうん)になっている狛犬。

もともとは左右で呼び名が違っていました。

狛犬は左右で呼び名が違っていた

もともと、狛犬は左右で呼び名が違っていました。

 

日本の狛犬の始まりは、宮中や神殿に置かれた木造の「獅子」と「狛犬」。

向かって右側の阿形(あぎょう)が「獅子」、左側の吽形(うんぎょう)が「狛犬」と呼ばれていました。

そして、狛犬には角(つの)がありました。

 

なんだかわかりづらくなってきましたね。

そこで、「獅子」と「狛犬」の違いを表にまとめてみました。

「獅子」と「狛犬」の違い

「獅子」と「狛犬」の違いは、下記の通りです。

方向 阿吽 呼び名
右側 開いている 阿形 無し 獅子
左側 閉じている 吽形 有り 狛犬

チェックポイントは3つ。

  • 向かってどちらの方法にいるのか
  • 口は開いているのか・閉じているのか
  • 角はあるのか・ないのか

つまり、向かって右側にいる・口を開いている阿形が獅子。

獅子なので角は無し。

 

そして、向かって左側にいる・口を閉じている吽形が狛犬。

狛犬は角が有り、ということです。

 

日本に伝わってきた当時は、「獅子」と「狛犬」だったため、角の有り無しもハッキリとしていました。

その後、徐々に左右の見た目がどちらも「獅子」のようになり、呼び名は「狛犬」で統一されたとか。

このため、現在でも、神社によっては、角のある狛犬を見ることができます。

 

また、狛犬の顔かたち、体勢なども統一されていません。

例えば、神社によっては子供と一緒の狛犬や、玉を持っている狛犬も見ることができます。

私のお気に入りの角のある狛犬

角のある狛犬の中で、私のお気に入りは兵庫県神戸市にある四宮神社の狛犬です。

四宮神社の角のある小さい狛犬さん

パワ美
角のある狛犬さん、とってもかわいいですね^^
四宮神社についての詳しい記事はこちらをご覧ください

最後に、私が今まで出会った狛犬さんたちを少しだけですが、ご紹介します。

私が出会った狛犬

今まで、たくさんの素敵な狛犬さんと出会いました。

その中から、少しだけご紹介しますね。

愛宕神社の狛犬・東京都港区

右の狛犬

左の狛犬

 

愛宕神社についての詳しい記事はこちらをご覧ください。

⇒愛宕神社【東京】出世の石段とは?虎ノ門ヒルズ駅からアクセス・出口は?

七宮神社の狛犬・兵庫県神戸市

右側の狛犬

左の狛犬アップ

七宮神社についての詳しい記事はこちらをご覧ください。

⇒【八社巡り】神戸・七宮神社で御朱印をいただいた!アクセスと駐車場は?

 

本当は全てご紹介したいところですが、少しだけ。

まとめ

四宮神社の左の狛犬さん

今回は、狛犬についてお伝えしました。

 

狛犬とは、神社や寺院などに設置されている魔除けや邪気祓いをするための霊獣の像のこと。

そして阿吽(あうん)の意味は、『物事や人生、宇宙の始まりと終わり』です。

 

さまざまな表情を見せてくれる狛犬は、神社参拝の楽しみの一つ♪

特に、クルクルっとした尾がたまりません。

あなたも、神社やお寺を参拝してかわいい狛犬にたくさん出逢ってくださいね。

 

神社を参拝する時は、参拝のマナーも大切です。

神社参拝のマナーについてはこちらの記事をご覧ください
神社の参拝方法とマナー決定版!基本を知れば願い事は叶う!?
ここにタイトル
五宮神社の本殿

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次