パワーストーンブレスレットが切れる意味と原因は?いきなりだと心配になる!

パワストーンブレスレットとクラスター

パワーストーンブレスレットが切れる意味と原因をご存知ですか?

 

パワーストーンブレスレットがいきなりパーン!

何の前触れもなく切れるとビックリして心配になりますよね。

 

そこで今回は、パワーストーンブレスレットが切れる意味と原因についてお伝えします。

 

パワーストーンセラピストの私があなたの疑問を解決!

ぜひ最後までご覧ください。

パワーストーンブレスレットがいきなり切れた!心配する?しない?

パワストーンブレスレットとクラスター
パワーストーンブレスレットがいきなりパーン!と切れた。

「何の意味があるの?」

「何が原因で切れたの?」

音にビックリすると同時に、凄く不安になりますよね。

 

パワーストーンブレスレットが切れた時、あなたは心配しますか?

それとも心配しないのでしょうか。

 

実は、たいていの場合は心配しなくても大丈夫です。

なぜかというと、パワーストーンブレスレットが切れる意味は、原因によって違うからです。

パワ美
あなたのパワーストーンブレスレットが、どんな原因で切れたのかを知れば、意味がわかりますよ。

 

どういうことなのでしょうか。

パワーストーンブレスレットが切れる原因について見ていきましょう。



パワーストーンブレスレットが切れる原因・2つのタイプ

ムーンストーンのブレスレット
パワーストーンブレスレットが切れる原因は、大きく2つに分けることができます。

2つの原因は次の通りです。

  1. 心配しなくても大丈夫な原因
  2. 心配する必要がある原因

では、2つの原因それぞれについて見ていきましょう。

1:心配しなくても大丈夫な原因

ルビーの丸玉
1つめは、心配しなくても大丈夫な原因です。

 

パワーストーンブレスレットが切れる意味は、たいていの場合、心配しなくても大丈夫な原因によるものです。

 

心配しなくても大丈夫な原因は、さらに3つの原因に分けることができます。

  1. ゴムの劣化や結び方
  2. 石を浄化していない
  3. 石が役目を終えた

では3つの原因と意味を確認していきましょう。

1:ゴムの劣化や結び方

心配しなくても大丈夫な原因の1つめは、「ゴムの劣化や結び方」です。

ゴムの劣化や結び方によっては、パワーストーンブレスレットが切れることがあるのです。

 

パワーストーンブレスレットの多くは、石と石をゴムで繋げて作られています。

このゴムが劣化して切れたというだけのこと

意味はありません。

 

パワーストーンブレスレットは、作られてから日にちが経つと、どうしてもゴムが切れやすくなります。

あなたがパワーストーンブレスレットを購入した日ではなく、実際に作られてからの日にちです。

 

また、パワーストーンブレスレットを身につける頻度によっても切れやすさは変わります。

もし、あなたがパワーストーンブレスレットをずっと身につけているなら、通常よりも切れやすくなるでしょう。

例えばに濡れたり、太陽光でも劣化しますよ。

 

さらに、服を着替える時や移動中などに引っ掛けてしまうことはありませんか?

劣化したゴムは、さまざまなことがきっかけで切れてしまうのです。

 

そして、ブレスレットを作る時に、結び方が良くなければ当然切れやすくもなります。

正確には切れるというよりも、ほどけるということですね。

パワ美
あなたが、パワーストーンブレスレットを手作りする場合は、ゴムをしっかりと結ぶように注意をしてください。

 

パワーストーンブレスレットを手作りする方法はこちらの記事をご覧ください
パワーストーンブレスレットの作り方!簡単手作り!ローズクォーツで恋愛運アップ!

2:石を浄化していないということ

心配しなくても大丈夫な原因の2つめは、「石を浄化していないということ」です。

 

石を浄化をしていないと、パワーストーンブレスレットが切れてしまうことがあります。

特に、石にエネルギーが突然強く加わったり、エネルギーが大きく変化した時に切れてしまうことが多いようです。

 

石は、毎日あなたに寄り添って精一杯頑張ってくれています。

でも、石にも限界があります。

この場合は、石からのメッセージ。

「浄化をして下さい」という意味です。

 

あなたは、きちんと石を浄化をしていますか?

また、石に頼り過ぎて負担をかけていませんか?

パワ美
私たちがお風呂に入ってリフレッシュするように、石にもリフレッシュが必要なのです。
パワーストーンの浄化方法についてはこちらの記事をご覧ください
パワーストーンを浄化する10の方法・天然石がスッキリ!しないとどうなるの?

3:石が役目を終えたということ

心配しなくても大丈夫な原因の3つめは、「石が役目を終えたということ」です。

 

石が役目を終えた時、そのサインとしてパワーストーンブレスレットが切れることがあります。

例えば、ケガや病気などの身代わりになってくれることもあります。

この場合も石からのメッセージ。

「もう大丈夫ですよ」という意味です。

 

身代わりになってくれた石は、割れてしまったり、黒いものが入ったりすることもあります。

また、パワーストーンブレスレットが切れた時点で、悪い事はパワーストーンが解決してくれています。

石が役目を終えたとは、そういうことです。

 

何かが切れるというと、どうしても悪い事だと考えてしまいますよね。

でも、石が役目を終えて切れるのは悪い事ではありません。

 

例えば、昔から「鼻緒が切れると縁起が悪い」なんて言われたりします。

でも実は、これも悪い事ではないのです。

 

「鼻緒が切れた」時点で、厄を祓えているという意味。

もしも、何かの虫の知らせだとしたら、本人が気をつけますよね。

ですので、パワーストーンブレスレットが切れたということは良い事だと捉えましょう!

パワ美
この3つの原因でパワーストーンブレスレットが切れたのなら、心配はしなくても大丈夫ですよ。

 

続いて、心配する必要がある原因を見てみましょう。

2:心配する必要がある原因

リラックス
2つめは、心配する必要がある原因です。

 

もしあなたが非常に大きなストレスを抱えている時は、パワーストーンブレスレットがいきなり切れることがあります。

あなたのストレスが大きすぎると、石が耐えられなくなるのです。

そして、石からのメッセージとしては「無理をし過ぎですよ。」という意味です。

 

あなたは今、非常に大きなストレスを抱えていませんか?

もしくは、とっても疲れていませんか?

 

例えば、職場でのプレッシャーや家庭の問題など、思い当たることはないでしょうか。

この場合のストレスは、日常のちょっとしたストレスではありません。

非常に大きなストレスを抱えている時のことです。

 

といっても、日常のちょっとしたストレスが積りに積もって大きなストレスになることも。

パワ美
日常のちょっとしたストレスは、ぜひまめに解消してください。

 

身代わりになってくれた場合と同様に、パワーストーンブレスレットは、ただ切れるだけではありません。

場合によっては、石が割れてしまったり変色したりもします。

パワ美
それほど、石があなたに寄り添ってくれているということですね。

 

ただしこの場合はまず、あなたのストレスを解決しなければなりません。

といっても、どうしようもない、ということもあるかもしれません。

そこで、できるだけ気分転換をしたり、一旦冷静になるなど、あなたなりの工夫をしてみましょう。

 

では、パワーストーンブレスレットが切れたら、どうすれば良いのでしょうか。



パワーストーンブレスレットが切れたらどうすれば良い?

バラバラのパワーストーン
パワーストーンブレスレットが切れたら、どうすれば良いのでしょうか。

パワーストーンブレスレットが切れて石がバラバラになってしまった時におすすめの方法をご紹介します。

 

パワーストーンブレスレットが切れたら、次の3つの方法のいずれかをおすすめします。

  1. ゴムを新しいものにして使う
  2. 役目を終えたので処分する
  3. 浄化をして持っておく

では、もう少し具体的に見ていきましょう。

1:ゴムを新しいものに交換して使う

1つめは、「ゴムを新しいものに交換して使う」という方法です。

 

パワーストーンブレスレットが切れても、石がそのまま綺麗ならゴムを新しいものに交換して使うことができます。

購入したお店によっては、作り直してもらうことができるかもしれません。

パワーストーンブレスレットを購入したお店で、料金や日数などを確認してみましょう。

パワ美
問い合わせる際には、石を浄化してもらえるかどうかも聞いて見ると良いですね。

 

また、ゴムを自分で新しいものに交換することもできます。

パワーストーンブレスレットのゴムは、意外と簡単に交換できるので、挑戦してみるのも良いですね。

ただし、自分でゴムを新しいもの交換する場合は、先に石を浄化することをお忘れなく。

2:役目を終えたので処分する

2つめは、「役目を終えたので処分する」という方法です。

 

役目を終えたパワーストーンブレスレットは、精一杯の力を出してくれました。

「ありがとう」という気持ちで処分するのも一つの方法です。

 

特に、身代わりになってくれたり願いを叶えてくれた場合には、処分するのが良いかもしれません。

ただし処分する場合は、そのまま捨てないように注意が必要です。

パワーストーンブレスレットを処分する時は、白い紙や天然繊維の布で包んで土に埋めたり、塩と一緒に処分するようにしましょう。

パワ美
お店によっては、引き取ってもらえることがあります。まずは購入したお店に確認すると良いですね。

3:浄化をして持っておく

3つめは、「浄化をして持っておく」という方法です。

 

パワーストーンブレスレットが切れてしまっても、石には愛着がありますよね。

その場合は、きちんと浄化をすれば、持っておいても大丈夫です。

 

私も以前、ガーネットのネックレスが切れてしまったことがあります。

そのネックレスが大好きだったので、何年かは石を引き出しにそっとしまっていました。

そして、最終的には感謝して手放しました。

今でも、しばらく持っていて良かったと思っています。

パワ美
いつも一緒にいたガーネットだったので、本当に友達のような関係だったのかもしれません^^
ただし、石に執着するのはやめましょう!

 

ただ素直に、もう少し石と一緒にいたいのなら、持っていても大丈夫です。

でも、できれば、新しい石を探す方が良いですよ。

きっと、今のあなたにピッタリな石に出逢うことができます。

 

あなたも、3つの方法のいずれかで解決してください。

 

とはいえ、パワーストーンブレスレットは、人によっては何度も切れることがあります。

何度も切れる時はどうすれば良いのでしょうか。

何度も切れる時はどうすれば良い?

ラピスラズリと水晶
パワーストーンブレスレットは、人によっては何度も切れることがあります。

その場合は、心配する必要がある原因を考えてみてください。

 

例えば、あなたの日頃のストレスや問題を解消することで解決できるかもしれません。

パワ美
石からのサインをポジティブに受け取って、改善すれば大丈夫です!

 

さらに、今はまだゴムが切れていないけど、切れそうな時もありますよね。

それなら、パワーストーンブレスレットのゴムが切れる前に、こちらの記事をチェックしておいてくださいね。

⇒パワーストーンブレスレットは切れたら修理?処分!?3つの解決方法!

まとめ

キラキラと輝く緑色のパワーストーン

今回は、パワーストーンブレスレットが切れる意味と原因についてお伝えしました。

 

パワーストーンがいきなり切れた!

でも、たいていの場合は心配しなくても大丈夫です。

まずは、あなたのパワーストーンブレスレットが、どんな原因で切れたのかを知りましょう。

すると、切れた意味がわかります。

 

日頃からパワーストーンをよく観察して大切に扱ってください。

そして、定期的に浄化もしてあげてくださいね。

そうすればきっと、パワーストーンブレスレットが切れることは少なくなるでしょう。

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

可愛いブレスレットで運気アップできれば毎日ワクワクです!

パワーストーンブレスレットを購入するならヒラオカ宝石はおすすめのお店。

詳細はこちらの記事でチェックしてくださいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら