八坂神社の初詣2019!時間や人出は?駐車場はあるの?

八坂神社

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

京都府京都市東山区にある八坂神社といえば、素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りしている、祇園祭で有名な神社です。

「祇園さん」と呼ばれ親しまれ、厄病除けや美容のご利益でも知られています。

観光スポットとしても大人気ですよね。

そんな八坂神社は、当然、初詣でも大人気。毎年、多くの人出があります。

 

今回は、八坂神社の初詣2019!時間や人出は?駐車場はあるの?という内容でお伝えします。

2019年の初詣は京都で!という予定なら、ぜひチェックして下さいね。

 

京都の初詣・2019年のおすすめランキングはこちらの記事をご覧下さい。

⇒京都で初詣!2019年おすすめランキングベスト10!

スポンサーリンク

八坂神社の初詣2019!時間や人出は?

八坂神社
まずは、八坂神社の初詣の時間や人出から見ていきましょう。

八坂神社の初詣の時間は?

八坂神社の初詣の時間は、特に決まっていません。

八坂神社の門は、終日開放されているからです。つまり、24時間いつでも参拝することができます。

ただし、大晦日の23:00頃から元日の朝にかけては、通行規制が行われます。

参拝の順路が決まっているので注意をして下さいね。

大晦日から元旦にかけては、西楼門と北門から入ることになります。

また出口は、東北門と玉光門、南楼門となります。

境内では、案内表示を見て進んで下さい。

パワ美
でも、24時間いつでも初詣に行けるのは嬉しいですよね。

ただし、御祈祷や授与品の時間は決まっています。事前に確認してからお出掛け下さい。

 

では、八坂神社の初詣にはどれくらいの人出があるのでしょうか。

八坂神社の初詣の人出は?

八坂神社の西楼門

八坂神社の初詣の人出は、例年100万人といわれています。

初詣の人出が100万人というのは、伏見稲荷大社の270万人に次いで、京都では第2位の人出です。

2019年の初詣の人出も、100万人以上だと予想されます。

 

八坂神社に車で初詣に行きたいと思うと、駐車場のことが気になりますよね。

次に、八坂神社に駐車場はあるのか、初詣に車で行くことはできるのか、確認しておきましょう。

八坂神社に駐車場はあるの?初詣に車で行くことはできる?

八坂神社・夜

八坂神社には、常磐新殿の前に駐車場があります。

ただし、40台程度しか停めることができません。

しかも、大晦日は駐車することができません。

年が明けてからも、多くの初詣客が訪れるため、スムーズに車を停めることができない可能性があります。

また、正月料金で1時間あたり1000円となります。

 

「それなら、付近の有料駐車場に停めよう。」

と思っても、普段から付近の道路は渋滞が多く、初詣の時期には一層混み合います。

ですので、八坂神社の初詣には車で行くことができますが、避けた方が無難です。

パワ美
できるだけ公共交通機関で初詣に行くことをおすすめします。

 

ちなみに、上の写真は、祇園交差点から見た西楼門側の様子です。

繰り返しになりますが、大晦日の23:00頃から元日の朝にかけては、西楼門または北門から境内に入ることになります。

パワ美
案内に従って進んで下さいね。

 

では、八坂神社の混雑のピークはいつなのでしょうか。

混雑のピークがわかれば、その時間帯を避けて初詣に行くこともできますよね。

八坂神社の初詣の混雑のピークは?

八坂神社の初詣のピークは、大晦日の22:00頃から元旦5:00頃までです。

その後も、次の時間帯には人出が多くなります。

  • 正月三が日の10:00~20:00頃
  • 1月4日10:00~15:00頃

特に、年が明けて0:00~5:00頃は、人出が多くなります。

なぜかというと、白朮祭(をけらさい)が行われるからです。

白朮祭(をけらさい)とは

白朮祭(をけらさい)とは、八坂神社の新年最初の神事で、一年の無事を祈願するものです。

1月1日の早朝5:00に行われる白朮祭(をけらさい)に向けて、大晦日から元旦の早朝まで火が焚かれます。

そして、白朮祭(をけらさい)で薬草の一種である白朮(をけら)に火を灯します。

パワ美
白朮祭(をけらさい)でいただいた「をけら火」をかまどや神棚に灯すと、浄化や厄除けのご利益をいただくことができるといわれています。お正月のお雑煮の種火に使ったりすると良いそうですよ。

お正月限定の授与品「粥杖」もおすすめです。

例年、大晦日の19:30頃から元旦の5:00頃まで行われていた「をけら酒」のふるまいは、中止になりました。

 

また、すぐ近くにある知恩院では、大梵鐘の除夜の鐘が鳴り響きます。

大梵鐘の除夜の鐘は、京都の冬の風物詩ともいえる行事。

その知恩院の大梵鐘の除夜の鐘を聞いた後に、八坂神社へ初詣に来る人も多いのです。

パワ美
八坂神社の境内は、2019年もかなりの混雑が予想されます。

 

では、八坂神社の初詣で、屋台は出るのでしょうか。

初詣の後のお楽しみの屋台も気になりますよね ♪

スポンサーリンク

八坂神社の初詣で屋台はある?

屋台のたこ焼き
八坂神社の初詣で、屋台はありますよ。

屋台は、例年、八坂神社の境内と周辺に、約100店舗が出店されます。

屋台の時間はおおむね、次の通りです。

  • 大晦日の22:00~3:00頃
  • 三が日の10:00~22:00頃

4日以降は、徐々に屋台が減って行きます。

パワ美
屋台は、三が日以降にいきなり無くなるということはありません。でも、屋台を楽しむなら三が日に、初詣に行くことをおすすめします。

屋台では、牛すじの煮込みや、豚汁、焼き芋などの温かいメニューをいただくことができますよ。

他にも、はし巻きや、ソーセージ、たい焼き、ホットワインなど、バラエティー豊かなメニューが並びます。

屋台で温かいメニューを食べれば、初詣の寒さもへっちゃらかもしれませんね^^

 

八坂神社へ初詣に行くなら、どんなご利益がいただけるのかも知っておきたいですよね。

最後に、八坂神社のご利益などの基本情報をご紹介しますね。

八坂神社の基本情報

ハートの絵馬
【名称】
八坂神社(やさかじんじゃ)

【御祭神】

  • 中御座:素戔嗚尊 (すさのおのみこと)
  • 東御座:櫛稲田姫命 (くしいなだひめのみこと)
  • 西御座:八柱御子神 (やはしらのみこがみ)

【ご利益】
厄除け・厄病除け・開運招福・家内安全・縁結び・美容・商売繁昌・学業成就・心願成就・芸能上達 など

【住所】
京都府京都市東山区祇園町北側625

【アクセス】

  • 京阪祇園四条駅より 徒歩約5分
  • 阪急河原町駅より 徒歩約8分
  • JR京都駅より市バス206に乗車「祇園」バス停下車すぐ

八坂神社についての詳しい記事はこちらをご覧下さい
八坂神社(京都)のご利益は?観光パワースポットで綺麗に!?

まとめ

祇園祭の山鉾
今回は、八坂神社の初詣2019!時間や人出は?駐車場はあるの?という内容でお伝えしました。

2019年は、京都の八坂神社の初詣で、賑やかな一年のスタートをしてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介した京都の八坂神社は、私が選んだ関西の初詣・2019年のおすすめランキングでもご紹介しています。

関西のその他のおすすめパワースポットと合わせて、ぜひこちらの記事もご覧下さい。

⇒関西の初詣2019年!おすすめランキングベスト15!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



八坂神社