寅の日とは?2022年10月以降と2023年はいつ?何をするのがおすすめなのかご紹介!

寅の日とは?文字入り

寅の日ってどんな日?」

「2022年(令和4年)10月以降と2023年(令和5年)の寅の日はいつ?」

そんな疑問はありませんか?

 

そこで今回は、『寅の日とはどんな日なのか』についてお伝えします。

2022年(令和4年)10月以降と2023年(令和5年)の寅の日もチェックしてくださいね。

寅の日には何をするのがおすすめなのかもご紹介します!

パワ美
寅の日に、あなたは何をしますか?
目次

寅の日とは?

 

寅の日とは?文字入り

寅の日とは、金運アップの効果が期待できる吉日のことです。

 

寅の日の寅(とら)は十二支のうちの寅のこと。

日の干支が寅にあたる日を、寅の日といいます。

寅の日の読み方は『とらのひ』です。

 

寅の日の由来は、七福神のうちの神様として知られる毘沙門天(びしゃもんてん)にちなんでいます。

毘沙門天(びしゃもんてん)といえば、もともとはインドの神様。

富と財宝の神様として知られています。

 

その毘沙門天(びしゃもんてん)は、『寅の年』『寅の月』『寅の日』『寅の刻』にあらわれたとされているのです。

このことから日の干支が寅にあたる『寅の日』は金運アップが期待できる縁起の良い日といわれるようになりました。

古くから毘沙門天をお祀りするお寺では、寅の日は毘沙門天さまのご縁日とされています。

七福神についてのこちらの記事もおすすめです

 

でもなぜ寅(虎)は縁起が良い動物なのでしょうか。



なぜ寅(虎)は縁起が良い動物なの?

虎が歩いている様子

寅(虎)といえば、「虎は千里往って千里還る」という諺(ことわざ)があります。

 

この諺のように、寅(虎)は一日で千里の道を行って帰ってくることができるといわれている動物です。

このため、寅の日には「出て行ったものが必ず戻ってくる」という意味があるのです。

つまり、寅の日に使ったお金は必ず戻ってくるということです。

 

また、寅(虎)は干支の十二支の中で唯一の黄色い動物。

黄色といえば、風水では金運アップのラッキーカラーですね。

ですので、寅の日(とらのひ)は金運アップに関係しています。

 

寅の日は「使ったお金が必ず戻ってくる」、「金運を招く」といわれる大変縁起の良い日なのです。

パワ美
寅の日のことを「金運招来日」と呼ぶのも納得です。

 

虎と聞いて思い出すパワーストーンはタイガーアイ

タイガーアイの丸玉2粒

タイガーアイは、もちろん金運アップの効果が期待できるパワーストーンです。

そんなタイガーアイの効果が発揮できる素敵なパワーストーンブレスレットを見つけました。

金運アップをしたいなら、今すぐチェックしてみてください。

 

⇒160万円が当たった実績あり!金運アップパワーストーンブレスレットはこちら

 

では、2022年(令和4年)10月以降と2023年(令和5年)の寅の日はいつでしょうか。

まずは、2022年(令和4年)10月以降の寅の日から見てみましょう。

2022年(令和4年)の寅の日はいつ?

2022年(令和4年)10月以降の寅の日は次の通りです。

10月 4日(火) 16日(日) 28日(金)
11月 9日(水) 21日(月)
12月 3日(土) 15日(木) 27日(火)

寅の日は、毎日巡ってくる十二支によって決められています。

このため、12日に一度は寅の日があるということになります。

 

続いて、2023年(令和5年)の寅の日を見てみましょう。

2023年(令和5年)の寅の日はいつ?

2023年(令和5年)の寅の日は、次の通りです。

1月 8日(日) 20日(金)
2月 1日(水) 13日(月) 25日(土)
3月 9日(木) 21日(火)
4月 2日(日) 14日(金) 26日(水)
5月 8日(月) 20日(土)
6月 1日(木) 13日(火) 25日(日)
7月 7日(金) 19日(水) 31日(月)
8月 12日(土) 24日(木)
9月 5日(火) 17日(日) 29日(金)
10月 11日(水) 23日(月)
11月 4日(土) 16日(木) 28日(火)
12月 10日(日) 22日(金)

 

では、寅の日には何をすれば良いのでしょうか。

寅の日にぜひ行いたいおすすめの行動をご紹介します。



寅の日には何をするのがおすすめ?

いろいろな色の財布

寅の日には、次のようなことをするのがおすすめです。

  • 宝くじを購入する
  • 旅行に出掛ける
  • 新しい財布を購入する
  • 新しい財布を使い始める
  • 金運アップのパワーストーンを購入する

寅の日は金運アップの効果が期待できる縁起のいい日。

虎のように出て行ったものが必ず戻ってくるという意味から、金運にまつわる買い物や旅行などが特におすすめです。

 

寅の日に使ったお金が戻ってくるという金運アップ!

安全な旅行から無事に帰ってくるという運気アップ!

寅の日は12日に一度巡ってきます。

ぜひ活用してくださいね。

パワ美
金運アップの願いを込めたパワーストーンを購入するのもおすすめです。

 

特に、2022年(令和4年)は寅年!

例年よりもさらに金運アップ効果が期待できますよ!

 

タイガーアイを使った金運アップパワーストーンブレスレットに願いをたくすのもアリですよ。

ここから金運アップのチャンスを掴みましょう!

⇒160万円が当たった実績あり!金運アップパワーストーンブレスレットはこちら

 

とはいえ、寅の日にはおすすめの行動がある一方、避けたいこともあります。

寅の日に避けたいことは?

寅の日に避けたいことは、結婚に関することや葬儀です。

 

寅の日には「出て行ったものが必ず戻ってくる」という意味があるため、結婚や葬儀には向いていないのです。

ですので、スケジュールを決める時は可能であれば寅の日を避けるように注意をしてください。

 

でも、どうしても日程を変更できない時もありますよね。

特に結婚式や葬儀の日は「大安」や「赤口」などの「六曜」で決めるのが一般的。

その場合は、寅の日と重なっていたとしても気にしないようにするのが良いでしょう。

まとめ

カレンダーの日にち

今回は、『寅の日とはどんな日なのか』についてお伝えしました。

2022年(令和4年)10月以降と2023年(令和5年)の寅の日もチェックしていただけたでしょうか。

 

寅の日とは、金運アップ効果が期待できる吉日のことです。

寅の日におすすめの行動をして、運気アップや金運アップを目指しましょう。

 

私のおすすめはなんといっても金運アップのパワーストーンブレスレットを購入すること

こちらの実績がある金運アップのパワーストーンブレスレットなら期待大です。

今すぐチェックしてみてくださいね。

⇒160万円が当たった実績あり!金運アップパワーストーンブレスレットはこちら

 

寅の日以外にも吉日はたくさんあります。

こちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

⇒【縁起のいい日まとめ】何に良い日なの?悪い日もあわせてご紹介します!

寅の日とは?文字入り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次