節分の鬼の意味や由来は?追儺式とはどんな行事なの?

節分の赤鬼と青鬼の人形

節分の鬼の意味や由来をご存知でしょうか。

 

毎年2月にやってくる節分。

「鬼は~外!福は~内!」の掛け声とともに豆まきをするのが一般的ですね。

また、全国のいくつかの神社では追儺式も行われます。

追儺式とはどんな行事なのかも気になりませんか?

 

今回は、節分の鬼の意味や由来、追儺式とはどんな行事なのか、などについてお伝えします。

節分の鬼の意味を知ったうえで鬼を追い払えば、あなたにとってより良い一年になるかも♪

節分の鬼の意味や由来は?

節分の赤鬼と青鬼の人形

まずは、節分の鬼の意味から見ていきましょう。

 

節分の鬼には、季節の変わり目にやってくる疫病や災い、邪気という意味があります。

つまり、「鬼そのものが疾病・災い・邪気である」という考え方です。

 

鬼は、古くから目に見えない邪気や災いの象徴とされていました。

鬼とは、陰の気や暗い場所のことを指す「陰(おん)・隠(おぬ)」に由来しています。

パワ美
暗い所に潜んでいる鬼。人間の心の暗い所に潜んでいるのも鬼だとされています。

 

あなたも季節の変わり目に体調を崩したり、生活のリズムが変わって調子が悪くなった経験はありませんか?

 

そんな季節の変わり目にやってくる疫病や災い・邪気は全て鬼のせいだと考えられていました。

そこで、疫病や災い、邪気を祓うために鬼を退治しよう!ということになったのです。

そして、鬼を退治するために始まったのが豆まきです。

 

では節分の由来はどうでしょうか。

節分の由来

冬から春への季節の変わり目にあたる2月の節分は「旧暦のお正月・2月1日」のすぐ後のタイミング。

その節分に鬼を退治すれば、一年を通して疫病や災い、邪気を祓うことができると考えられました。

 

「一年を健康に無事に過ごせますように…。」という願いが込めて豆まきを行うようになったのが節分の由来です。

その後、節分=豆まきというイメージがすっかり定着しましたね。

 

なぜ豆まきなのかというと…。

豆まきの「まめ」には「魔」「滅する」という意味もあるのです。

ですので、あなたもぜひ節分には豆まきを行ってください。

豆まきで魔を滅して一年間の無病息災を願いましょう。

パワ美
節分に豆を食べるのも、身体の中から魔を滅するためだそうですよ。

 

ところで、鬼は実在するものではありません。

でも、誰でも鬼の姿かたちをイメージできますよね。

鬼の頭には「牛(丑)のような角」と「虎(寅)のような牙や爪」があり、「虎(寅)のパンツ」を履いています。

なぜだと思いますか?

鬼の角とパンツの理由

鬼の頭に「牛(丑)のような角」と「虎(寅)のような牙や爪」があり、鬼が「虎(寅)のパンツ」を履いている理由は十二支に関係しています。

 

十二支では、丑は冬を表します。

そして寅は春を表すもの。

また十二支を方角にあてはめると、鬼門の方角である北東は丑と寅の間の方角を指しています。

陰陽道で艮(うしとら)と呼ばれる方角です。

 

このため、冬と春の季節の変わり目にやってくる鬼には、鬼門の方角の意味も含められているのです。

つまり、鬼に「牛(丑)の角」と「虎(寅)の牙や爪」があって「寅のパンツ」を履いている理由は、鬼門の方角の意味があるからです。

 

では改めて、節分について知っておきましょう。



節分とは

節分のイワシとヒイラギ
節分とは本来、春夏秋冬それぞれの季節が始まる日の前日のことを指していました。

 

節分は季節を分ける・季節の変わり目を意味し「せち分かれ」や「節替わり」とも呼びます。

節分という文字からも「季節を分ける」という意味がうかがえますね。

 

つまり、節分は季節の変わり目なので、一年に4回あったのです。

具体的には二十四節季の立春(りっしゅん)・立夏(りっか)・立秋(りっしゅう)・立冬(りっとう)の前日のことでした。

パワ美
一年に4回も節分があったなんて、今では考えられないことです。

でも一年に4回あった節分のうち、立春(りっしゅん)の前日だけが節分として残ったのはなぜでしょうか。

 

続いて、立春の前日が節分になった理由を見てみましょう。

立春の前日が節分になった理由は?

日本では、もともとは立春をお正月としていました。

室町時代以降に、立春(りっしゅん)が新年の始まりということで重視されるようになったのです。

つまり、旧暦のお正月です。

このため、春の節分は大晦日にあたる大切な日とされてきました。

そして、さまざまな伝統行事が行われるように。

 

その名残で、現在も春の節分にはさまざまな伝統行事がずっと行われています。

さまざまな伝統行事が行われる立春の前日だけが、節分として残ったというわけです。

節分は2月3日とは決まっていない!?

でも実は、節分は2月3日とは決まっていないのをご存知でしょうか。

「なぜ?」と思いますよね。

 

節分が2月3日と決まっていない理由は次の通りです。

節分とは、立春の前日のことをいいます。

太陽暦で見ると、立春は毎年同じ日ではありません。

このため、立春の前日である節分は、毎年2月3日とは決まっていないのです。

パワ美
例えば、2021年以降になると節分が2月2日の日がありますよ。ちょっと驚きですよね。

 

節分に行われる伝統行事の一つが追儺式(ついなしき)です。

追儺式とはどんな行事なのでしょうか。

次に、追儺式とはどんな行事なのかを見ていきましょう。

追儺式とはどんな行事なの?

追儺式の青鬼
追儺式(ついなしき)とは、節分の豆まきの元となった行事です。

古代中国で、追儺(ついな)という儀式が起こったのが始まりです。

 

追儺式では金色をした4つの目がある面を付けた「方相氏(ほうそうし)」が鬼を祓います。

右手に矛、左手に盾を持ち、鬼を祓っていた「方相氏(ほうそうし)」。

方相氏はその後、節分の鬼になっていったという説もあります。

 

節分になると、一般的に家庭では豆まきを行います。

一方、全国にあるいくつかの神社では、現在も節分に追儺式が行われています。

追儺式は立春を迎える祝いの神事

追儺式は、立春を迎える祝いの神事です。

 

兵庫県では、神戸市長田区の長田神社の追儺式が有名ですね。

追儺式では、豆まきの鬼とは違い、神々の使いとされる7匹の鬼が災いを祓います。

松明(たいまつ)の炎で災いを焼き、太刀の刀で切るのです。

パワ美
松明(たいまつ)を持って舞う鬼は、もの凄い迫力ですよ。一見の価値ありです!

 

少しですが、長田神社の追儺式の様子をご覧下さい。

パワ美
実際に目の前で長田神社の追儺式を見ると感動します!

 

約650年前の室町時代から続くといわれる長田神社の追儺式については、機会があれば詳しくご紹介します。

長田神社についての詳しい記事はこちらをご覧ください
神戸のパワースポット!長田神社の御朱印の時間・失敗から逆転!?

まとめ

節分のイメージ・鬼瓦
今回は、節分の鬼の意味や由来、追儺式とはどんな行事なのか、などについてお伝えしました。

 

節分の鬼には、季節の変わり目にやってくる疫病や災い、邪気という意味があります。

 

節分には豆まきをして、健康で無事に一年を過ごせるように願ってくださいね。

神社で行われる追儺式も見たいですね。

密を避けることができればぜひ。

 

今年もあなたにとって無病息災の良い一年になりますように。

 

節分の時期に新しいお守りをいただくのもおすすめです。

とはいえ、なかなか外出が難しいこの時期。

ネットで買えるお守りはいかがでしょうか。

 

私も購入した縁起の良い一筆龍のお守りです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

⇒【口コミ】お守り一筆龍は融通さんで御祈祷!実際に購入した効果は?

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

可愛いブレスレットで運気アップできれば毎日ワクワクです!

パワーストーンブレスレットを購入するならヒラオカ宝石はおすすめのお店。

詳細はこちらの記事でチェックしてくださいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら