お賽銭の金額はいくらが良いの?意味やマナーはあるの?

賽銭箱

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

初詣などで神社へ参拝する時、あなたはお賽銭の金額をいくらにしていますか?

大半の人が、いくらが良いのかを意識せずに、その時お財布に合った金額をポンっと入れているのではないでしょうか。

今回は、お賽銭の金額はいくらが良いのか、意味やマナーはあるのか、などについてお伝えします。

「えっ?意味やマナーはあるの?」

そんな風に驚いたあなたは、ぜひチェックして下さいね。

スポンサーリンク

お賽銭の金額はいくらが良いの?

賽銭箱

お賽銭の金額はいくらが良いのでしょうか。

お賽銭の金額は、実は、正確にいくらが良いのか決まっているわけではありません。

でも、一般的に、「この金額が良い」とか「この金額は悪い」という説もあります。

となると、初詣などで神社を参拝する時、お賽銭の金額をいくらにするのか悩みますよね。

 

お賽銭の金額はどうやって決めれば良いのでしょうか。

まずは、一般的なお賽銭の金額を決める方法を見てみましょう。

お賽銭の金額を決める3つの方法

硬貨

お賽銭の金額を決める方法には、次の3つの方法があります。

  1. 語呂合わせで決める
  2. 自分の願いの度合いで決める
  3. 財布の中にあるお金から適当に決める

あくまでも一般的な方法ですが、あなたはどの方法で決めていますか?

また、どの方法が正解だと思いますか?

 

実は、この3つの方法には、正解というものはありません。

どの方法が良いとか、どの方法だから悪い、というものではないのです。

例えば、「お賽銭の金額はいくらが良いの?よくわからない。」

そう思った時は、語呂合わせで決めても良いのです。

 

では、3つの方法について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1:お賽銭を語呂合わせで決める方法

拝殿
お賽銭の金額を決める方法の1つめは、語呂合わせで決める方法です。

語呂合わせで決める方法は、3つの方法の中でも、一番実践する人が多い方法かもしれませんね。

お賽銭を語呂合わせで決める方法の中にも、いくつかのパターンがあります。

それは、次の3つのパターンです。

  1. 5円玉で語呂合わせをする
  2. 5円玉に限らず硬貨で語呂合わせをする
  3. 硬貨と紙幣を組み合わせて語呂合わせをする

では、3つのパターンごとに、お賽銭にすると縁起が良いといわれる、語呂合わせの金額と意味をご紹介しますね。

1:お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせ・5円玉の場合

五円玉のイラスト
5円玉の場合、お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせの金額と意味は次の通りです。

金額 5円玉の枚数 意味
5円 1枚 5円で、ご縁がありますように
10円 2枚 5円玉が2枚で、重ね重ねご縁がありますように
15円 3枚 15円で、十分ご縁がありますように
20円 4枚 5円玉が4枚で、良いご縁がありますように
25円 5枚 25円で、二重にご縁がありますように
30円 6枚 「六角形」にちなんで、安定と調和をもたらすご縁がありますように
35円 7枚 35円で、再三ご縁がありますように
40円 8枚 5円玉が8枚=末広がりで、末広がりにご縁がありますように
45円 9枚 45円=しじゅうごえんで、始終ご縁がありますように
50円 10枚 50円で、五重のご縁がありますように・5円玉が10枚で、10倍のご縁がありますように
55円 11枚 55円で、午後にお賽銭を入れるとご縁がある・5円玉が11枚で、いつでもご縁がありますように
105円 21枚 105円で、十分にご縁がありますように・盛りだくさんのご縁がありますように
115円 23枚 115円で、いいご縁がありますように
125円 25枚 125円で、十二分にご縁がありますように
485円 97枚 485円で、四方八方からご縁がありますように
パワ美
こうして見てみると、たくさんの語呂合わせがあるんですね。

でも、縁起が良い語呂合わせにしたくても、5円玉の枚数が増えすぎると困りますよね。

そんな時は、5円玉にこだわらなくても大丈夫ですよ。

5円玉と他の種類の硬貨を組み合わせるのもO.K.です。

 

続いて、硬貨の場合を見てみましょう。

2:お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせ・硬貨の場合

硬貨の場合、お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせの金額と意味は、先ほどご紹介した5円玉の場合に、さらに次の語呂合わせが追加されます。

金額 意味
11円 11円=「いい」で、良いご縁がありますように
21円 割り切れない数字で、恋愛の継続や夫婦円満
22円 2と2が重なることから、二重にご縁がありますように
31円 21円と同様に割り切れない数字で、恋愛の継続や夫婦円満
41円 41円=「しじゅういい」で、始終良いご縁がありますように

 

では、硬貨と紙幣を組み合わせる場合はどうでしょうか。

3:お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせ・硬貨と紙幣を組み合わせる場合

硬貨と紙幣を組み合わせる場合、お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせの金額と意味は、次の通りです。

金額 意味
1129円 いい福
2951円 福来い
3181円 幸い
4129円 良い福
10000円 円満
11104円 いい年
パワ美
こんな風に、語呂合わせの意味で金額を決めるのも楽しいですよね。

 

次に、お賽銭を自分の願いの度合いで決める方法についてご紹介します。



2:お賽銭を自分の願いの度合いで決める方法

服装
お賽銭の金額を決める方法の2つめは、自分の願いの度合いで決める方法です。

例えば、普段からよく神社へ参拝するという場合で考えてみましょう。

日々の感謝をこまめに神様に伝えるなら、お賽銭は、大きな金額じゃなくても良いのではないでしょうか。

毎日のように神社へ参拝する場合、お賽銭の金額が大きいと負担になるかもしれません。

 

逆に、ここぞという時や、御祈祷を受ける時には、少し頑張ってお賽銭の金額を多くするのもおすすめです。

パワ美
あなたの願いが本気なら、お賽銭の金額を多くすることによって、より頑張るパワーが溢れてくるかもしれません^^

3:お賽銭を財布の中にあるお金から適当に決める

木の賽銭箱
お賽銭の金額を決める方法の3つめは、財布の中にあるお金から適当に決める方法です。

神社へ参拝する時、事前にお賽銭の金額をいくらにするか決めていないこともありますよね。

そんな時は、財布の中にあるお金から適当に決めるのも一つの方法です。

というのも、最初にお伝えした通り、そもそもお賽銭の金額は、正確にいくらが良いのか決まっているわけではありません。

パワ美
お賽銭の金額よりも神様への感謝の気持ちが大切です。

 

ここまで、お賽銭の金額の決め方について見てきました。

でも、まだお賽銭に関する疑問がありますよね。

ここからは、お賽銭に関する疑問について見ていきましょう。

お賽銭に関する疑問

お賽銭に関する疑問をいくつか挙げてみました。

1:語呂合わせには良くないものもあるの?

先ほど、お賽銭にすると縁起が良い語呂合わせをご紹介しました。

反対に、語呂合わせには良くないものもあります。

 

一般的にあまり良くない・縁起が悪いとされている語呂合わせの金額と意味は次の通りです。

金額 意味
65円 ろくなご縁がない
75円 何のご縁もない・泣くようなご縁が来てしまう
85円 やっぱりご縁がない
95円 これでもご縁がない・苦しいご縁が来てしまう
パワ美
縁起を担ぐなら、上記の金額は避けた方が良いかもしれませんね。

2:お賽銭は硬貨と紙幣のどちらが良いの?

お賽銭は、硬貨よりも紙幣の方が良いという説もあります。

紙幣には、人の気持ちを乗せやすいというのが理由のようです。

反対に、硬貨には人の気持ちを込めるのが難しいというのです。

でも、私個人の意見としては、どちらでも人の気持ちを込めることはできると考えています。

パワ美
ただし、お賽銭を紙幣にする時は、新札を用意すると気持ちが良いですよ。

3:お賽銭に使う硬貨は何が良いの?

お賽銭に使う硬貨は、一般的には5円玉や50円玉が良いといわれています。

5円玉や50円玉が良いといわれている理由は、「穴が開いている硬貨は先が見通せるから」というものです。

でも、人によっては「穴からご縁が抜けてしまうので良くない、縁起が悪い」という考え方をすることもあるようです。

また、10円玉は「とおえん」=「遠縁」という解釈から、「縁が遠のいてしまうので良くない、縁起が悪い」といわれることがあります。

さらに、500円玉は、「これ以上の大きい硬貨がない=これ以上の大きい効果がない」という解釈から、避けられることがあります。

パワ美
さまざまな説がありますが、良い意味に考えるようにしたいですね。

4:お賽銭の金額は高いほうが良い?

お賽銭の金額は、必ずしも高い方が良いとはいえません。

大切なのは、神様に対する感謝の気持ちです。

ただし、先ほどもお伝えしたように、ここぞという時にはお賽銭の金額を高くするのも良いですね。

パワ美
お賽銭の金額を高くすることによって、頑張るパワーがアップする効果が期待できます。

また、願い事が叶った時に、感謝の気持ちとしてお賽銭の金額を高くするのもおすすめです。

神様への感謝の気持ちを伝えに行く参拝は、とっても気持ちが良いものですよ。

5:お札(紙幣)はそのまま納めても良いの?

お賽銭としてお札(紙幣)を納める場合、できれば封筒に入れましょう。

お札(紙幣)を納める場合は次の3つのポイントに気を付ければ、さらに良いですよ。

  1. 白い封筒を用意する
  2. 封筒に住所と名前を書く
  3. 新札を入れる
パワ美
お賽銭としてお札(紙幣)を納めるなら、御祈祷を受けるのもおすすめです。

 

ところで、私はどうしているのかというと…。

私の場合をご紹介します。

私がお賽銭をいくらにしているのか

狛犬・右
パワースポット好きの私は、普段からよく神社を参拝します。

そこで、前もってお賽銭用に硬貨を用意しています。

硬貨の種類は、基本的には1円と5円です。お買い物に行った時に1円と5円のお釣りがあれば、お賽銭用に取っておくのです。

そして、その硬貨をお賽銭用の袋に入れています。

お賽銭の金額を決めることはありません。

参拝する時に、サッとお賽銭用の袋に手を入れて、掴んだ硬貨を納めます。

パワ美
あ~、なんというスッキリ感でしょうか^^

 

私の場合は、境内の摂社や末社の全てに参拝します。ですので、たくさんの枚数の硬貨が必要になります。

お賽銭用の袋の中の硬貨が足りなくなったら、お財布の中にある硬貨を納めます。

ここぞという時や、節目となる参拝の時には500円玉を納めます。

 

先ほどお伝えしたように、500円玉は、「これ以上の大きい硬貨がない=これ以上の大きい効果がない」という解釈があります。

でも、私は超プラス思考^^

500円玉をお賽銭として納める時は、気合が入った良い意味として納めています。

例えば、「遠縁(とおえん)」という解釈をされる10円玉だって、時にはお賽銭として納めることもありますよ。

ちなみに、御祈祷以外の時は、お札を納めることはあまりありません。

金額や硬貨の種類には、こだわり過ぎなくても大丈夫ですよ。

パワ美
何よりも大切なのは、神様に対する感謝の気持ちです。よろしければ、参考にして下さいね。

 

では最後に、お賽銭についての大切なマナーをご紹介しますね。

お賽銭についての2つの大切なマナー

賽銭箱

お賽銭についての大切なマナーは、次の2つです。

  • お賽銭は投げ入れない
  • お賽銭は願いごとのためではない

初詣などで神社の境内が混み合っている時、お賽銭を投げ入れている人を見掛けることがあります。

でも、お賽銭を投げ入れるのは神様に対して失礼になります。

お賽銭は、あくまでも、そっと賽銭箱に入れるようにして下さいね。

また、お賽銭は願いごとのために納めるものではありません。

神様への感謝の気持ちとして納めて下さいね。

 

初詣のやり方について、わからないことがあればこちらの記事をご覧下さい。

⇒初詣のやり方は?どこに行くべきなの?最低限のマナーは?

まとめ

初詣
今回は、お賽銭の金額はいくらが良いのか、意味やマナーはあるのか、などについてお伝えしました。

初詣以外にも、御祈祷などで神社を参拝する機会はありますよね。

その時は、今回ご紹介したお賽銭の金額について、ぜひ参考にして下さいね。

パワ美
恋愛のご縁以外にも、仕事や普段の生活などで、さまざまな良縁があなたに訪れますように。
お賽銭の金額については諸説あります。今回の内容は、あくまでも個人的な意見です。一つの提案として捉えて下さいね。

 

いざ神社を参拝するとなると、意外と知らないことがあるものですよね。

こちらの記事も、ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒神社の参拝方法とマナー決定版!基本を知れば願い事は叶う?!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



賽銭箱