夏越大祓とは?読み方は?御朱印は限定!?日本の行事の知識!

夏越大祓の茅輪くぐり

【夏越大祓】

「何これ?何て読むの?」

夏が近づくと目にする文字ですね。

 

夏越大祓とはいったいどのようなものでしょうか。

また、夏越大祓の時には神社の御朱印は限定!? なのでしょうか。

 

今回は、夏越大祓とは?読み方は? という内容でお伝えします。

その他、夏越大祓の時期に行う風習についてもご紹介します。

日本の行事の知識、知っておきたいですね。

夏越大祓とは?読み方は?

夏越大祓の茅輪くぐり
夏越大祓は、「なごしのおおはらえ」と読みます。

「なごしおおはらえ」と読むことも。

 

夏越大祓(なごしのおおはらえ)とは、夏を越すために大きく厄を祓うための神事なのです。

その漢字が示すとおり、夏を無事に超すための大きなお祓いという意味があります。

 

私達は日常生活の中で、知らないうちに心や身体に悪いもの(穢れ・罪)を蓄積してしまいます。

それは、自分自身で意識している・していないにかかわらず蓄積してしまうものです。

例えば、ちょっとした悪口を言ったり、人に意地悪な事をしてしまったり…。

パワ美
驚くことに、愚痴をこぼすだけでも、心や身体に悪いものを蓄積してしまうことになるんですよ。

夏越大祓は、そんな心や身体に蓄積した悪いもの(穢れ・罪)を祓うために行います。

ちょうど一年の半分にあたる6月30日に行うのが一般的です。

「夏越の祓(なごしのはらえ)」や「水無月の祓(みなづきのはらえ)」とも呼ばれます。

 

では、そもそも大祓(おおはらえ)とはどのようなものでしょうか。



大祓(おおはらえ)とは?

大祓(おおはらえ)とは、一年に二回、全国の多くの神社で行われる禊(みそぎ)の神事のことです。

 

神社で行われる禊の神事には、それぞれ、次のような呼び方があります。

  • 6月30日に行われるのが、夏越大祓(なごしのおおはらえ)
  • 12月31日に行われるのが、年越大祓(としこしのおおはらえ)
12月31日の大晦日に行われる年越大祓(としこしのおおはらえ)は、一年の締めくくりなので馴染みがあるかもしれませんね。

それに対して、6月30日に行われる夏越大祓(なごしのおおはらえ)は、あまり知られていないのではないでしょうか。

でも、夏越大祓(なごしのおおはらえ)は大切な神事です。

その理由は次の2つ。

  • 6月の終わりはちょうど一年の折り返しだから
  • 暑い夏を無事に過ごすための神事だから

夏越大祓をすれば、スッキリとした気分で元気に夏を乗り越えられるでしょう。

夏越大祓の御朱印は限定!?

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時には、多くの神社で限定御朱印をいただくことができます。

もちろん通常の御朱印もいただくことができます。

 

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の限定御朱印をいくつかご紹介します。

ゆさん(@nemutainonemutaino)がシェアした投稿

 

神社によって、限定御朱印にも個性があります。

下の写真は、白蛇さまで有名な、蛇窪(上神明天祖)神社の限定御朱印です。

なんと茅輪(ちのわ)が白蛇さま!

Shin Suzukiさん(@shinsuzuki11)がシェアした投稿

パワ美
素敵な限定御朱印ばかりですね。
蛇窪(上神明天祖)神社についての詳細はこちらの記事をご覧ください
蛇窪(上神明天祖)神社の御朱印とご利益は?巳の日の参拝が良い?
夏越大祓(なごしのおおはらえ)の限定御朱印がない神社もあります。事前に確認してください。

 

では次に、夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期に行う風習について見てみましょう。

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期に行う風習

茅輪
夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期に行う風習は、一般的には次の3つといわれています。

  1. 茅輪(ちのわ)くぐり
  2. 人形代(ひとかたしろ)
  3. 水無月を食べる

3つの風習、それぞれについて見ていきましょう。

1:茅輪(ちのわ)くぐりをする

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期に行う風習の1つめは、「茅輪(ちのわ)くぐりをする」ことです。

 

茅輪(ちのわ)くぐりとは、茅(ちがや)で作った輪をくぐることをいいます。

茅輪くぐりは、心や身体に蓄積された悪いもの(穢れ・罪)を祓うことができるといわれる神事です。

さらに、茅輪くぐりには、無病息災で無事に過ごせることを願うという意味もあります。

「茅」という漢字は、一文字で「ちがや」と読みます。

茅(ちがや)は、イネ科の植物。

昔は火をおこす時にも茅が使われていました。

現在では、茅輪(ちのわ)を作る時に使うのは、茅(ちがや)だけではありません。

芦(あし)や稲藁(いなわら)を使うこともあります。

2:人形代(ひとかたしろ)で厄を落とす

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期に行う風習の2つめは、「人形代(ひとかたしろ)で厄を落とす」ことです。

 

人の形をした紙でできた人形代(ひとかたしろ)に、年齢と氏名を記入します。

その後、人形代(ひとかたしろ)で身体を撫でて息を吹きかけましょう。

こうすることで、私達の心や身体に蓄積された悪いもの(穢れ・罪)を、人形代(ひとかたしろ)に移すことができるのです。

*malulani*さん(@malulani_orgonite)がシェアした投稿

身体を撫でて息を吹きかけた人形代(ひとかたしろ)は、初穂料とともに神社に納めます。

すると神社では、人形代(ひとかたしろ)を焼いたり、川に流したりする神事を行います。

神事を行うことで、私達の心や身体に蓄積された悪いもの(穢れ・罪)などの厄を落としてくれるのです。

 

古くからの風習が残る地域では、人形代(ひとかたしろ)ではなく、人が水に入ったり、藁などで人形を作ったりもするようです。

人形代(ひとかたしろ)の初穂料は、神社によって異なります。

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の案内に「お志」と書かれている神社もあります。

私が今まで見た中では、1000円というのが一般的です。

 

人形代(ひとかたしろ)以外にも、神社によっては、祈願木(きがんぼく)や厄除けの割符(わりふ)でお祓いをしていただくこともできますよ。

私が実際に、厄除けの割符(わりふ)でお祓いをしていただいた記事があります。

こちらも、ぜひご覧ください。

⇒長田神社で厄落としをして仕事運をアップ!運気を上げる方法の一つ!

3:水無月を食べる

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期に行う風習の3つめは、「水無月を食べる」ことです。

 

水無月とは、ういろうの上に小豆を乗せて三角形に切った和菓子のことです。

もともと水無月は、京都で食べられるようになったといわれています。

関西では、夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時期になると、和菓子屋さんに水無月が並びますね。

パワ美
私も、毎年必ず水無月を食べています。品の良い甘さで美味しいです。

現在では、各地に広まっているのではないでしょうか。

ただし、夏越大祓(なごしのおおはらえ)は、必ずしも6月30日に行わなければいけないものではありません。

神社によっては、6月30日の夏越大祓(なごしのおおはらえ)とは別に、改めて行事を行うこともあります。

その場合、一般向けの夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)として、7月15日頃に茅輪(ちのわ)くぐりが行われたりします。

また、6月30日前後なら、いつでも茅輪(ちのわ)くぐりができる神社もあります。

参拝される前に、各神社に確認してからお出掛けください。

まとめ

夏越大祓の時期に食べる和菓子・水無月
今回は、夏越大祓(なごしのおおはらえ)とは?読み方は? という内容で伝えしました。

 

夏越大祓(なごしのおおはらえ)の時には、神社で茅輪(ちのわ)くぐりをしましょう。

御朱印ガールなら、限定の御朱印もいただきたいですね。

さらに、参拝の後に水無月を食べれば、楽しく夏を乗り切れそうです。

 

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

可愛いブレスレットで運気アップできれば毎日ワクワクです!

パワーストーンブレスレットを購入するならヒラオカ宝石はおすすめのお店。

詳細はこちらの記事でチェックしてくださいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら