神社の鳥居のくぐり方!たくさんなら?喪中の時はくぐらない方が良いの?

船寺神社・鳥居

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

神社の参拝で鳥居をくぐる時、作法があるのをご存知でしょうか。

神社の鳥居のくぐり方は、意外と知らない人が多いものです。

あなたはどうですか?

普段、あまり神社に行かなくても、初詣や夏祭りなど、時々は神社へ行く機会がありますよね。

日本人として、社会人として、神社の鳥居のくぐり方は知っておきたいですね。

 

今回は、神社の鳥居のくぐり方などについてお伝えします。

鳥居がたくさんある場合は?喪中の時は鳥居をくぐらない方が良いの?

そんな疑問も、解決できます!ぜひチェックして下さいね。

神社の鳥居のくぐり方

船寺神社・鳥居
では早速、神社の鳥居のくぐり方を見ていきましょう。

神社の鳥居をくぐる時は、次の3つの順序でくぐります。

  1. 鳥居をくぐる前には身だしなみを整える
  2. 鳥居の前で一礼をする
  3. 鳥居をくぐる
それぞれについて、詳しくご紹介しますね。

順序1:鳥居をくぐる前には身だしなみを整える

身だしなみ
神社の鳥居のくぐり方、順序の1つめは、「鳥居をくぐる前には身だしなみを整える」です。

神社の鳥居をくぐると、そこから先は神域になります。神様の場所に入らせていただくことになります。

鳥居は、神様の世界と人間の世界との境界 を示すもの。

ですので、鳥居をくぐる時から、神様に失礼のないようにしたいですね。この時点から、正しい作法で参拝しましょう。

 

実は、鳥居をくぐること自体に、穢れを祓うという意味があります。

神様の場所に入らせていただくには、穢れを祓わないといけないのです。

ですので、鳥居をくぐる前には、身だしなみを整えましょう。

だらしない格好で参拝しないように、清潔感のある身だしなみを心掛けて下さいね。

 

もちろん、帽子をかぶったままで参拝するのは避けた方が良いですよ。

できるだけ、帽子はとるようにしましょう。

パワ美
帽子はかぶったままで良い、という意見もありますが、私個人としては、帽子をとることをおすすめします。

本来なら、コートなどの上着も脱ぎたいところですが、一般参拝の場合は、そのままで大丈夫です。

順序2:鳥居の前で一礼をする

一礼
神社の鳥居のくぐり方、順序の2つめは、「鳥居の前で一礼をする」です。

先ほどもお伝えしましたが、神社の鳥居をくぐると、そこから先は神域になります。

神様の場所に入らせていただくことになります。

ですので、「お邪魔します。失礼します。」という気持ちで、鳥居の前で一礼をしましょう。

ちなみに、神道では、一礼のことを一揖(いちゆう)といいます。一揖(いちゆう)は、お辞儀をするという意味の言葉です。

 

本殿や拝殿へ向かう途中でいつくかの鳥居がある場合は、その都度、一礼をして下さい。

例えば、「一の鳥居」「二の鳥居」「三の鳥居」と並んでいる時は、それぞれの鳥居の前で、一礼をします。

パワ美
合計で、3回一礼をすることになりますね。

 

さらに、鳥居の前で一礼をする時は、鳥居の中央ではなく、左側に寄りましょう。

なぜ左側なのか、その理由は順序3でご紹介しますね。

順序3:鳥居をくぐる

鳥居のイラスト
神社の鳥居のくぐり方、順序の3つめは、「鳥居をくぐる」です。

いよいよ鳥居をくぐります。

この時、次の2つの注意点があります。

  1. 鳥居の中央をくぐらない
  2. 中央から遠い足から踏み出す

1:鳥居の中央をくぐらない

1つめの注意点は、「鳥居の中央をくぐらない」ということです。

鳥居から本殿へと続く道を参道(さんどう)といいます。

そして、参道の真ん中は、神様の通り道です。正中(せいちゅう)と呼ばれます。

 

参道を歩く時だけでなく、鳥居をくぐる時も、この正中(せいちゅう)を避けます。

鳥居の中央はくぐらないようにしましょう。

また、中央をくぐらなければ、左右どちらでも良いという説もあります。特に決まっていない神社もあるようです。

でも、基本的には、左側 をくぐるようにしましょう。

 

なぜ左側なのでしょうか。それは、神道では左側は神様、右側は人間という意味があります。

ですので、左側から神様にお会いするということなのです。

ただし、伊勢神宮の場合、参道を歩く時は、外宮は左側通行、内宮は右側通行と決まっています。

2:中央から遠い足から踏み出す

2つめの注意点は、「中央から遠い足から踏み出す」ということです。

 

鳥居の 左側 をくぐるので、中央から遠い足は左足になりますね。

基本的には、鳥居の左側をくぐりますが、右側の場合は逆になります。

いずれにしても、鳥居をくぐる時は、中央から遠い足から踏み出すようにします。

これは、鳥居をくぐる時に、神様にお尻をむけないように、という作法なのです。

パワ美
日本人らしい、ほんのちょっとした気遣いというのは、こういうところから来ているような気がします。

 

時々、一か所に、鳥居がたくさん並んでいることがありますよね。

鳥居がたくさんなら、何回も一礼するのでしょうか。

神社の鳥居がたくさんなら?

楠本稲荷神社
時々、稲荷神社などで、鳥居がたくさん並んでいることがあります。

この場合、どうすれば良いのでしょうか。

 

あまりにも鳥居がたくさんなら、何回も一礼するのは大変だし、不自然ですよね。

稲荷神社などでたくさんの鳥居が並んでいる場合は、最初と最後に一礼をすれば大丈夫ですよ。

パワ美
最初だけで良いという説もあります。私としては、最初と最後に一礼をすることをおすすめします。

 

ただし、先ほどお伝えしたように、「一の鳥居」「二の鳥居」「三の鳥居」と、一つずつある鳥居の前では、その都度一礼をして下さいね。

スポンサーリンク

 

では、喪中の時はどうすれば良いのでしょうか。鳥居をくぐっても良いのでしょうか。

ご紹介しますね。

喪中の時は鳥居をくぐらない方が良いの?

白菊のイラスト
喪中の時は、神社を参拝してはいけない、鳥居をくぐらない方が良い、と聞いたことはありませんか?

喪中は、通常の生活を取り戻すための期間です。一般的には一年といわれています。

実は、喪中の人でも、鳥居をくぐっても良い場合があります。

ただし、忌中(きちゅう)の人は鳥居をくぐってはいけません。

 

忌中(きちゅう) というのは、身内の方が亡くなってしまってから、一定の期間のことです。

神道の場合は50日、仏教の場合は四十九日です。

忌中(きちゅう)の人は、神様にお会いすることはできません。外出などの行動を慎んで、喪に服する期間なのです。

ですので、忌中(きちゅう)の人は、当然、鳥居をくぐってはいけません。

忌中(きちゅう)の間は、神社への参拝だけでなく、神棚へお参りすることも控えます。

 

忌中(きちゅう)が明ければ、喪中であっても鳥居をくぐっても良いのです。ちなみに、仏教では、お寺参りをしても大丈夫です。

パワ美
喪中と忌中(きちゅう)は、勘違いしがちですよね。

 

さて、あなたは、神社での参拝を終えました。

帰る時は、鳥居をくぐるのでしょうか。

参拝を終えて帰るときは?

鳥居前
参拝を終えて、帰る時にも鳥居をくぐります。

帰る時にも、鳥居をくぐる前に一礼をして下さいね。

 

参道から鳥居へ向かって歩いて行きます。そして、鳥居をくぐる前に、本殿や拝殿の方へクルッと向きを変えます。

ここで、「ありがとうございました。」という気持ちを込めて、一礼をしましょう。

その後、もう一度向きを変えて、神社の外へ出ます。

パワ美
参道を歩く時や鳥居をくぐる時には、左側を通ることを忘れないで下さいね。

まとめ

三ノ宮神社・鳥居前
今回は、神社の鳥居のくぐり方などについてお伝えしました。

鳥居がたくさんある場合は、最初と最後に一礼をしましょう。

喪中と忌中(きちゅう)は違う、ということもわかりました。

 

神社の鳥居のくぐり方を知っていれば、日本人として、社会人としてスッキリ格好良く見えますよ。

どんな場面でも、堂々と参拝する姿はとっても美しいです!

パワ美
これからは、誰かに、神社の鳥居のくぐり方を聞かれたら、サラッと答えて下さいね^^

 

神社の参拝方法とマナーについてはこちらでチェック!
神社の参拝方法とマナー決定版!基本を知れば願い事は叶う?!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



船寺神社・鳥居

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。パワーアップや運気アップすることが大好きです!プラスのエネルギー満載で、パワーストーンやパワースポットなどの情報をお伝えします。