神社の手水のやり方・正しい作法や口のすすぎ方は?参拝のマナー

三千院・手水

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

神社の手水のやり方がわからなくて、困ったことはありませんか?

神社に参拝をして、いざ手水舎で身を清めようとした時。

口のすすぎ方がわからなくて、恥ずかしい思いをした、なんてことはありませんか?

日本人として、大人の女性として、正しい作法や参拝のマナーは知っておきたいものですね。

 

そこで、パワースポットが大好きな私が、神社の手水のやり方などについてご紹介します。

正しい手水の作法や、口のすすぎ方、含んだ水はどうすれば良いのかなど、細かい部分までお伝えします。

神社を参拝する時に手水舎で困らないために、ぜひチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

手水舎で身を清めるのはなぜ?

三千院・手水

神社に参拝する時、手水舎で身を清めるのはなぜでしょうか。

神社の鳥居の前で一礼をして鳥居をくぐると、そこから先は神域になります。

当然、神様にお会いする前に身を清めなければいけません。

私達人間は、日々の生活の中で、知らず知らずのうちに、心や身体に悪いもの(穢れ・罪)を蓄積しています。

そのまま神様にお会いするのは失礼にあたりますよね。

そこで、本殿や拝殿へ進む前に、手水舎で身を清めるのです。

 

まずは、手水舎とはどういうものなのかを知っておきましょう。

手水舎とは?

代々木八幡宮の手水舎
神社を参拝するときには、鳥居をくぐって境内に入ったら、そのまま本殿や拝殿に向かうなんてことはありませんよね。

まずは、鳥居と本殿や拝殿の間にある手水舎で、身を清めましょう。

 

手水舎とは、参拝の前に、身を清めるための場所のことです。

手水舎の読み方は、てみずや・てみずしゃ・ちょうずや・ちょうずしゃなど、さまざまです。

また、御水屋(おみずや)や、水盤舎(すいばんしゃ)と呼ばれることもあります。

 

手水舎では、水で両手を清めて、口をすすぎます。

両手を清めて口をすすぐことによって、心身ともに洗い清めるという意味があります。

このことを「手水を使う」または「手水を取る」といいます。

「手水を使う」または「手水を取る」というのは、禊(みそぎ)を簡略化したものです。

 

そういえば、手水舎にはよく「洗心」という言葉があるのを見たことはありませんか?

「洗心」という言葉は、両手と口を洗うことで、心も清めるという意味があります。

パワ美
口のすすぎ方は、口を清める意味で行うものだということを知っておけば、覚えやすいですね。

 

もともと、神社を参拝する前には、川で身を清めていました。

現在でも、各地の神社では、神職さんや氏子さんが川で禊(みそぎ)を行っていることがありますよね。

昔は、それが一般的でした。でも、川の衛生状態などの理由で、神社の境内に手水舎ができたといわれています。

 

続いて、正しい手水の作法を見てみましょう。

正しい手水の作法

手水舎のひしゃく
正しい手水の作法は、次の順序で行いましょう。

  1. 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲む
  2. 左手に水をかけて左手を清める
  3. 柄杓(ひしゃく)を左手に持ち替える
  4. 右手に水をかけて右手を清める
  5. もう一度、柄杓(ひしゃく)を右手に持ち替える
  6. 左手で水を受ける
  7. 左手に受けた水を口に少し含んですすぐ
  8. 左手に水をかけて左手を清める
  9. 右手に持った柄杓(ひしゃく)を手前に傾けて、右手を清める
  10. 右手で柄杓(ひしゃく)を元の場所に戻す

いかがですか?

ただし手水の方法には、たくさんの段階があるように見えますね。

でも、ひとつひとつ行ってみると、とってもスムーズな流れになっています。

もう少し詳しく見ていきましょう。

1:右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲む

手水
手水舎には、柄杓(ひしゃく)が伏せて置いてあります。その柄杓(ひしゃく)を、右手で持って水を汲みましょう。

2:左手に水をかけて左手を清める

手水を左手に
左手を清めます。ただし、水を使い過ぎないようにしましょう。

最初に、柄杓(ひしゃく)で水を汲みます。その柄杓(ひしゃく)に汲んだ一回分の水で、最後まで行うのが基本です。

途中で水が足りなくならないように、注意をして下さいね。

3:柄杓(ひしゃく)を左手に持ち替える

清めた左手で、柄杓(ひしゃく)を持ちます。

4:右手に水をかけて右手を清める

先ほどと同じように、水を使い過ぎないように注意をして、右手を清めます。

5:もう一度、柄杓(ひしゃく)を右手に持ち替える

もう一度、右手で柄杓(ひしゃく)を持ちます。

6:左手で水を受ける

手水を左手に
左手で、少しだけ水を受けます。

7:左手に受けた水を口に少し含んですすぐ

口をすすぐ
水は少ししか含みません。

水が足りない場合は、唇を湿らせる程度でも大丈夫ですよ。

口のすすぎ方は、口を清める意味だとわかっていれば、簡単ですね。

8:左手に水をかけて左手を清める

手水を左手に
口についた左手を、もう一度、清めます。

9:右手に持った柄杓(ひしゃく)を手前に傾けて、右手を清める

柄杓(ひしゃく)を右手に持ったまま、手前に傾けて、縦にします。柄の方に流れてくる水で、右手を清めます。

10:右手で柄杓(ひしゃく)を元の場所に戻す

手水
綺麗になった右手で、柄杓(ひしゃく)を元の場所に戻します。

この時、最初に合った通りに、柄杓(ひしゃく)は伏せて置くようにしましょう。

パワ美
頭の中で、流れをイメージしてみて下さい。意外に簡単ですよ。

 

ここまでは、自分で手水を使う場合の作法をご紹介しました。

手水奉仕を受ける場合は、作法が少し異なります。

次に、手水奉仕を受ける場合の作法についても見ておきましょう。

手水奉仕を受ける場合の作法

手水奉仕を受ける場合は、次の順序で手水を行って下さいね。

  1. 両手で水を受けて、両手を同時に清める。
  2. もう一度両手で水を受ける。
  3. 両手に受けた水で口をすすぐ。
  4. さらに、もう一度両手で水を受けて、両手を同時に清める。
  5. 拭紙(ぬぐいがみ)などで口と手を拭う。
パワ美
手水奉仕を受ける場合は、とっても簡単ですね。

 

ここでご紹介した作法は、基本的な作法です。さまざまな説がありますが、基本的な作法を行っていれば、通常の参拝では問題ありません。

 

ただし、手水を使う時には、注意点が3つあります。

大切なことですので、確認しておきましょう。



手水を使う時に注意しなければいけない3つのこと

湧き水
それは、次の3つです。

  1. 口をすすいで水を吐き出す時は、左手を軽く添えて口元が見えないようにしましょう。
  2. 柄杓(ひしゃく)には、絶対に口をつけないようにしましょう。
  3. 最初に柄杓(ひしゃく)で汲んだ水が足りなくならないように注意をしましょう。

この3つの注意点は、必ず守って下さいね。

特に、2つめの注意点については要注意です。

柄杓(ひしゃく)は、多くの人が使うものです。絶対に口をつけてはいけません。

 

では次に、手水舎での口のすすぎ方についても見ておきましょう。

口のすすぎ方は?

神社参拝での口のすすぎ方を、簡単に言うと次のようになります。

  • 口をすすぐというより、清めるためのもの。
  • うがいではないので、たくさんの水を含む必要はない。
  • 含んだ水はそっと吐き出す。

こうして見てみると、意外と簡単ですよね。含んだ水は、そっと吐き出します。

清めるために行うことですので、たくさんの水を口に含む必要はありません。

もし、水が少なくて口に含むことができない場合は、唇に少し水が付く程度でも大丈夫ですよ。

 

ただし、簡単ですが、適当にできるものではありません。

神社参拝での口のすすぎ方は、手水の作法を知ったうえで、正しく行って下さいね。

 

他にも、神社の参拝時間についての記事があります。こちらも参考にして下さいね。

⇒神社の参拝時間帯は朝が良いの?決まりや注意点はある?

まとめ

湊川神社・手水舎
今回は、神社の手水のやり方などについてご紹介しました。

正しい手水の作法や口のすすぎ方は、これでもう大丈夫ですね。

パワ美
手水舎で口に含んだ水は、そっと出して下さいね。

神社参拝のマナーを守って、気持ちよく参拝して下さい。

あなたに、神様のご利益がたくさんありますように。

 

神社の参拝方法とマナーについてはこちらでチェックして下さい
神社の参拝方法とマナー決定版!基本を知れば願い事は叶う?!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



三千院・手水