大明日とは?2021年10月以降・2022年はいつ?日数が多いので実は珍しくない!?

太陽の光と花

大明日ってどんな日?」

そんな疑問はありませんか?

 

今回は、大明日とはどのような日なのか、2021年10月以降・2022年はいつなのかご紹介します。

日数が多いので実は珍しくない!?かもしれない大明日。

大明日には何をするのが良いのかもあわせてご覧下さい。

大明日とは?

太陽の光と花

大明日とは、「太陽が天地の隅々まで明るく照らし祝福をしてくれる」といわれている吉日です。

 

大明日には天地が開けます。

このため、太陽の明るい光が世の隅々・万物まで照らしてくれるという意味があります。

つまり大明日は、全てのものが太陽の恩恵を受けられるという、とってもありがたい日なのです。

 

そんな縁起のいい意味がある大明日は、全ての慶事(お祝い事)に良いとされています。

大明日の読み方は「だいみょうにち」です。

 

では、2021年10月以降・2022年の大明日はいつなのでしょうか。



2021年10月以降・2022年の大明日はいつ?

太陽の光・木漏れ日

まずは、2021年(令和3年)の10月以降の大明日から見てみましょう。

2021年(令和3年)の10月以降の大明日

2021年(令和3年)の10月以降の大明日は、次の通りです。

2021年(令和3年)10月の大明日

1日(金)3日(日)6日(水)11日(月)
14日(木)21日(木)23日(土)24日(日)
25日(月)26日(火)28日(木)29日(金)
30日(土)

2021年(令和3年)11月の大明日

4日(木)6日(土)7日(日)8日(月)
9日(火)17日(水)18日(木)19日(金)
20日(土)21日(日)25日(木)27日(土)
30日(火)

2021年(令和3年)12月の大明日

2日(木)5日(日)10日(金)13日(月)
20日(月)22日(水)23日(木)24日(金)
25日(土)27日(月)28日(火)29日(水)

 

続いて、2022年(令和4年)の大明日です。

2022年(令和4年)の大明日

2022年(令和4年)の大明日は、次の通りです。

2022年(令和4年)1月の大明日

3日(月)5日(水)6日(木)7日(金)
8日(土)16日(日)17日(月)18日(火)
19日(水)20日(木)24日(月)26日(水)
29日(土)31日(月)

2022年(令和4年)2月の大明日

3日(木)8日(火)11日(金)18日(金)
20日(日)21日(月)22日(火)23日(水)
25日(金)26日(土)27日(日)

2022年(令和4年)3月の大明日

4日(金)6日(土)7日(月)8日(火)
9日(水)17日(木)18日(金)19日(土)
20日(日)21日(月)25日(金)27日(日)
30日(水)

2022年(令和4年)4月の大明日

1日(金)4日(月)9日(土)12日(火)
19日(火)21日(木)22日(金)23日(土)
24日(日)26日(火)27日(水)28日(木)

2022年(令和4年)5月の大明日

3日(火)5日(木)6日(金)7日(土)
8日(日)16日(月)17日(火)18日(水)
19日(木)20日(金)24日(火)26日(木)
29日(日)31日(火)

2022年(令和4年)6月の大明日

3日(金)8日(水)11日(土)18日(土)
20日(月)21日(火)22日(水)23日(木)
25日(土)26日(日)27日(月)

2022年(令和4年)7月の大明日

2日(土)4日(月)5日(火)6日(水)
7日(木)15日(金)16日(土)17日(日)
18日(月)19日(火)23日(土)25日(月)
28日(木)30日(土)

2022年(令和4年)8月の大明日

2日(火)7日(日)10日(水)17日(水)
19日(金)20日(土)21日(日)22日(月)
24日(水)25日(木)26日(金)31日(水)

2022年(令和4年)9月の大明日

2日(金)3日(土)4日(日)5日(月)
13日(火)14日(水)15日(木)16日(金)
17日(土)21日(水)23日(金)26日(月)
28日(水)

2022年(令和4年)10月の大明日

1日(土)6日(木)9日(土)16日(日)
18日(火)19日(水)20日(木)21日(金)
23日(日)24日(月)25日(火)30日(日)

2022年(令和4年)11月の大明日

1日(火)2日(水)3日(木)4日(金)
12日(土)13日(日)14日(月)15日(火)
16日(水)20日(日)22日(火)25日(金)
27日(日)30日(水)

2022年(令和4年)12月の大明日

5日(月)8日(木)15日(木)17日(土)
18日(日)19日(月)20日(火)22日(木)
23日(金)24日(土)29日(木)31日(土)

 

こうして実際に大明日がいつなのかを見てみると、毎月毎月、大明日の回数が多いことがわかりますね。

 

そうなのです。

大明日は、日数が多いという特徴がある吉日です。

大明日は日数が多いので実は珍しくない!?

吉日・天赦日のイメージのカレンダー

大明日は日数が多いので、実は珍しくありません。

多い時には、ひと月のうちの半分以上が大明日ということもあります。

パワ美
日数が多い吉日といえば、神吉日とよく似ていますね。

 

 

日常の中に吉凶は入り混じっているもの。

カレンダーのお日柄も同じです。

カレンダーを見てみると、当然ですが、吉日だけではありませんよね。

仏滅や三隣亡などの凶日もあります。

 

その中で大明日や神吉日などの吉日の日数が多いのは嬉しいこと。

何事もポジティブに捉えるチャンスがそれだけ多いということです。

パワ美
個人的には、吉凶が入り混じっていることで、ちょうどバランスを保っているんだなぁ、と感じています。

 

では、大明日には何をすれば良いのでしょうか。

具体的な例をご紹介します。

大明日には何をすれば良いの?

引っ越しのイメージ・家の模型

先ほどお伝えした通り、大明日は、全ての慶事(お祝い事)に良いとされています。

 

具体的には、次のようなことを行うのがおすすめです。

  • 旅行
  • 引っ越し
  • 家の新築

大明日には、慶事(お祝い事)の中でも特に、旅行や引っ越し、家の新築などを始めると良いでしょう。

大明日のキーワードは「動く」・「移動」といったところです。

パワ美
そういった意味では、会社で部署が移動になった時のお祝いなどにも良いですね。

 

と、ここで、眞子さまのご結婚で何かと話題の2021年(令和3年)10月26日(火)について見てみましょう。

2021年(令和3年)10月26日(火)も大明日

 

結婚のイメージ・ブーケを持つ花嫁

眞子さまのご結婚で何かと話題の2021年(令和3年)10月26日(火)も、実は大明日です。

 

2021年(令和3年)10月26日(火)は「大安」

「大安」といえば、結婚式や入籍の日取りに関して最も重要視する人が多い吉日ですね。

「大安」は六曜のうちのひとつ。

大明日は、七箇の善日(ななこのぜんにち)のうちのひとつです。

 

そんな2021年(令和3年)10月26日(火)は、大安・大明日・神吉日が重なっている日です。

つまり、とっても縁起の良い日取りといえます。

 

曜日こそ火曜日で平日ですが、気候も良く、結婚式や入籍の日取りを決めるカップルも多いのではないでしょうか。

眞子さまが大明日まで意識されていたかどうかは定かではありませんが…。

パワ美
「大安」で日取りを決めたら大明日や神吉日と重なっていた、なんてことはよくあることです。「大安」と重なっていればラッキーですね♪

まとめ

引っ越しのイメージ・おもちゃの家

今回は、大明日とはどのような日なのか、2021年10月以降・2022年はいつなのかご紹介しました。

 

大明日は日数が多いので実は珍しくありません。

でも、せっかくたくさん訪れる吉日です。

大明日には、ぜひ次のようなことを行って運気アップを目指して下さい。

  • 旅行
  • 引っ越し
  • 家の新築
パワ美
他の吉日と重なれば、大明日はさらに縁起の良い日になりますよ。

 

縁起の良い日は他にもいくつかあります。

こちらの記事でまとめていますのでぜひチェックしてみて下さいね。

⇒縁起のいい日まとめ・何に良いの?悪い日もあわせてご紹介!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら