天恩日の意味とは?2022年9月以降は何日ある?すると良いことや注意点もチェック!

運気を上げるイメージ・太陽の光を浴びているところ

天恩日の意味をご存知でしょうか。

漢字をみる限り、天恩日は縁起の良い日だとイメージできますね。

 

今回は、天恩日の意味などについてお伝えします。

2022年(令和4年)9月以降に天恩日は何日あるのか・いつなのか。

天恩日にすると良いことや注意点とともにご紹介します。

気になるあなたはぜひチェックしてくださいね。

天恩日の意味とは?

運気を上げるイメージ・太陽の光を浴びているところ

天恩日の意味とは、「天の恩恵を受けられる日」という意味です。

「天の恩の日」と漢字が示す通りの意味です。

 

つまり、天恩日は天の恩恵を受けられるといわれる縁起のいい日なのです。

天恩日の読み方は「てんおんにち」です。

パワ美
天の恩恵を受けられるなんて、想像しただけでワクワクします。

 

そんな有り難い天恩日。

2022年(令和4年)の天恩日は何日あるでしょうか。



2022年(令和4年)の天恩日は何日ある?

暦・カレンダー

2022年(令和4年)9月以降の天恩日は、全部で30日あります。

具体的な日にちを一覧表で見てみましょう。

9月 8日(木) 9日(金) 10日(土) 11日(日) 12日(月) 23日(金) 24日(土) 25日(日) 26日(月) 27日(火)
10月 23日(日) 24日(月) 25日(火) 26日(水) 27日(木)
11月 7日(月) 8日(火) 9日(水) 10日(木) 11日(金) 22日(火) 23日(水) 24日(木) 25日(金) 26日(土)
12月 22日(木) 23日(金) 24日(土) 25日(日) 26日(月)

 

パワ美
天恩日をチェックしておけば、さまざまな予定が立てやすくて良いですね。

 

では、天恩日には何をすれば良いのでしょうか。

天恩日にすると良いこと

結婚のイメージ・ブーケを持つ花嫁

天恩日にすると良いことはお祝い事(慶事)です。

 

例えば、次のようなお祝い事を行うのがおすすめです。

  • 結婚に関するお祝い:婚約・入籍:結婚式・金婚式や銀婚式
  • 子どものお祝い:出産・お宮参り・お食い初め・七五三
  • 人生の節目のお祝い:就職・任官・還暦・地鎮祭・長寿
  • 事業に関するお祝い:起業・開店・不動産取得

天恩日は、お祝い事(慶事)を行うのにピッタリの吉日

 

天恩日は5日間連続で巡ってきますので、大安や他の吉日とも重なる日を選んでお祝い事(慶事)を行うと良いでしょう。

その理由は、天恩日は他の縁起の良い日と重なることで、さらに吉日になるといわれているからです。

 

結婚に関するお祝いや事業に関するお祝いの場合は、大安に合わせて行うのが一般的です。

パワ美
ですので、まずは大安の日を選んでから天恩日かどうかをチェックするのがおすすめです。

 

ただし、天恩日には注意すべきこともあります。

続いて、天恩日に注意すべきことを確認しておきましょう。

天恩日に注意すべきことは

天恩日に注意すべきことは、凶事は行わないということです。

 

天恩日は、天の恩恵を受けられるといわれる縁起のいい日。

さまざまなお祝い事を行うのに良い日です。

一方で、天恩日は凶事には向かない日といわれています。

くれぐれも、天恩日に凶事は行わないように注意をしてください。

まとめ

パール(真珠)とバラ

今回は、天恩日の意味などについてお伝えしました。

 

天恩日の意味とは、「天の恩恵を受けられる日」という意味です。

2022年(令和4年)9月以降の天恩日もぜひスケジュールに活用してくださいね。

 

縁起の良い日は他にもさまざまあります。

こちらの記事でまとめています。

ぜひご覧ください。

⇒【縁起のいい日まとめ】何に良い日なの?悪い日もあわせてご紹介します!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

可愛いブレスレットで運気アップできれば毎日ワクワクです!

パワーストーンブレスレットを購入するならヒラオカ宝石はおすすめのお店。

詳細はこちらの記事でチェックしてくださいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら