水晶水の作り方・簡単にできる!5つの注意点を守って安心して飲みましょう!

水晶水の作り方文字入り

水晶水の作り方がわからなくて困っていませんか?

水晶水は自宅で簡単に作ることができるので、あなたも挑戦してみて下さい。

といっても、水晶水を作る時や飲む時には、気を付けたい注意点もあります。

注意点を守って作れば、水晶水を安心して飲むことができますよ。

 

 

今回は、水晶水の作り方と5つの注意点をご紹介します。

パワーストーンセラピストの私が実際に作っている方法です。

ぜひ参考にして下さい。

水晶水は簡単に作ることができる

 

水晶水の作り方文字入り

水晶水は、自宅で簡単に作ることができるのでおすすめです。

パワ美
水晶水を実際に飲んでみると、水晶による味の変化にあなたも驚くのではないでしょうか。

 

では早速、水晶水の作り方をご紹介します。

水晶水の作り方

2本作った水晶水

まずは、水晶水を作るために用意するものから見ていきましょう。

用意するもの

水晶水の材料
  • 水晶さざれ:ひとつかみ分程度
  • 水:水道水またはミネラルウォーター
  • 水を入れるボトル容器:1つもしくは2つ
  • お茶パック:2枚

他に用意するものは、水晶さざれを水洗いするためのザルボウルです。

ザルは、水晶さざれが抜け落ちてしまわないように、目の細かいものを用意して下さい。

 

水晶水に使う水晶の形は特に決まっていません

容器に入る大きさなら、水晶ポイントや水晶クラスターなどでも大丈夫です。

パワ美
私の場合、日常的に飲むための水晶水を作る時は、水晶さざれを使っています。

 

おすすめの水晶さざれがあります。

こちらの水晶さざれなら、約2回分入っていますよ。

⇒約2回分使える・水晶さざれはこちらからチェック!

 

また、水晶水に使う水は、水道水でもミネラルウォーターでもどちらでも大丈夫です。

私の場合は、コーヒーやお茶などに使うなら水道水、そのまま飲むならミネラルウォーターで作ります。

 

水を入れるボトル容器は、2つあると便利です。

その理由は、日常的に水晶水を飲む場合、常に冷蔵庫の中に水晶水を入れておきたいからです。

パワ美
ボトル容器が2つあれば、水晶水を切らすことなく作り置きすることができますよ。

 

材料が用意できたら、水晶水の作り方手順を確認しましょう。

作り方手順

  1. 水晶さざれを浄化する
  2. 浄化した水晶さざれを水洗いする
  3. お茶パックに水晶さざれを入れる
  4. お茶パックを2重にする
  5. 水晶さざれを入れたお茶パックをボトル容器に入れる
  6. 水を注ぎ入れる
  7. 冷蔵庫に入れて8時間以上置けば水晶水の出来上がり!

 

では、実際の作り方を見ていきましょう。

水晶水の実際の作り方

初めに、水晶さざれを浄化します。

浄化の方法はいくつかありますが、私の場合は月光浴で浄化することが多いです。

 

浄化の方法についてはこちらを参考にして下さい
パワーストーンを浄化する10の方法!しないとどうなるの?

 

浄化をした水晶さざれは、水晶水に使う前にさらに綺麗にしましょう。

洗った水晶さざれ

ここで作る水晶水は、飲むことも目的にしています。

ですので、水晶さざれは必ず水洗いをします。

パワ美
水晶ポイントや水晶クラスターなどを使う場合も、必ず水晶水を作る前に水洗いをして下さい。
水晶をお茶パックに入れる様子

次に、お茶パックに水晶さざれを入れていきます。

水晶さざれがこぼれないように気を付けて入れて下さいね。

お茶パックに入れた水晶さざれ

お茶パックの中で、水晶がキラキラしています!

さらに、もう1枚のお茶パックで包むと、水晶がバラバラになることを防ぐことができるのでおすすめです。

お茶パックを2重にする

もちろん、お茶パックは1枚だけでも大丈夫です。

お茶パックに水晶さざれを入れたら、ボトル容器に入れましょう。

ボトル容器にお茶パックの水晶さざれを入れる様子

水晶さざれを入れたお茶パックをボトル容器に入れたら、そこにお水を注ぎ入れます。

ボトル容器に水を入れたところ

あとは、フタを閉めて冷蔵庫に入れるだけ。

フタをしめて冷やす前の水晶水

冷蔵庫に入れて8時間以上置けば水晶水の出来上がりです!

 

水晶水は、さまざまな効果が期待できる水です。

飲むだけでなく、ミストをスプレーしたり、水槽に入れたり、さまざまな楽しみ方をすることもできます。

とはいえ、一番大切なのは、安心して飲める水晶水を作ること。

そこで、5つの注意点をご紹介します。

5つの注意点を守って安心して飲みましょう!

水晶さざれを洗ったところ

ここでは、水晶水を作る時、飲む時の5つの注意点をご紹介します。

水晶水を作る時、飲む時の5つの注意点は次の通りです。

  1. 水晶は必ず浄化してから使う
  2. 飲む目的の水晶水は冷蔵庫に入れて作る
  3. 水晶水は2日程度で飲み切る
  4. 水晶もボトル容器も常に清潔に保つ
  5. 水晶以外のパワーストーンは使わない

5つの注意点について詳しく見てみましょう。

1:水晶は必ず浄化してから使う

水晶は、必ず浄化してから使いましょう。

パワーストーンの効果を実感するためには、なんといっても浄化が大切です。

浄化がきちんとできていないパワーストーンはいわば疲れ切った状態。

水晶水を作っても良い波動を感じることはできません。

ですので、必ず浄化をした水晶で水晶水を作って下さい。

2:飲む目的の水晶水は冷蔵庫に入れて作る

飲む目的の水晶水は冷蔵庫に入れて作りましょう。

8時間という時間が経過するまでに、季節によっては水が腐敗してしまうかもしれません。

飲む目的の水晶水は、必ず冷蔵庫に入れて作って下さい。

3:水晶水は2日程度で飲み切る

水晶水は、2日程度で飲み切りましょう。

長く保存すると、衛生上あまり良くありません。

ですので、冷蔵庫に入れていても2日を目安に飲み切るようにして下さい。

4:水晶もボトル容器も常に清潔に保つ

水晶もボトル容器も常に清潔に保ちましょう。

 

私の場合は、ボトル容器を2本使って水晶水を作っています。

1本が空になったら容器を洗って、そこにもう1本のボトル容器に入れていた水晶さざれを入れます。

その時に、お茶パックごと水晶さざれを水洗いしているので、水晶もボトル容器も常に清潔な状態です。

ボトル容器の中の水晶
パワ美
そして、時々は水晶さざれをお茶パックから取り出して、浄化してあげることも大切です。新しい水晶さざれと交換するのも良いですね。

 

⇒約2回分使える・水晶さざれはこちらからチェック!

5:水晶以外のパワーストーンは使わない

水晶水は、「クリスタルウォーター」とも呼ばれ、水晶を使って作る波動の高い水のことです。

そして、水晶以外のパワーストーンを使っても、同じように波動の高い水を作ることができます。

 

ただし、石の中には水に浸けることによって毒性が現れるものもあります。

万が一、危険なことがあっては困ります。

ですので、水晶以外のパワーストーンは使わないようにして下さい。

まとめ

水晶水が入った2本のボトル容器

今回は、水晶水の作り方5つの注意点をご紹介しました。

 

水晶水は飲んですぐに効果が現れるものではありません。

まずは、続けてみることが大切です。

また、効果を実感する度合いには個人差もあります。

でも私個人としては、水晶水を飲むことで、身体が喜んでいることを実感しています。

パワ美
まろやかな味もすでに体験済みです。

あなたもぜひ、5つの注意点を守って安心して水晶水を飲んでみて下さいね。

 

水晶の効果についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています
水晶の効果は?魔除けになるの?パワーストーンの種類別メモ

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら