宮崎のパワースポット・高千穂町の天岩戸神社の神話とは?

天岩戸神社の鳥居

宮崎県には、数多くのパワースポットがあります。

特に、高千穂町は、神が最初に降りて来られた「天孫降臨」の地として有名です。

 

今回は、宮崎のパワースポットの中から、高千穂町にある天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)の神話などについてお伝えします。

天岩戸神社へ行きたくなるかも♪

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)とは?

天岩戸神社の木の鳥居
【名称】
天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)

【御祭神】

  • 天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)
  • 大日霎尊(おおひるめのみこと)

【住所】
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1

【ご利益】
諸願成就

【社務所・受付時間】
8:30~17:00

【アクセス】

公共交通機関を利用の場合

  • 熊本駅または熊本空港より
    宮崎交通 特急バス「高千穂号」に乗車 → 高千穂バスセンターより路線バスに乗車 → 天岩戸神社
  • 延岡駅より
    宮崎交通 路線バスに乗車 → 高千穂バスセンターより路線バスに乗車 → 天岩戸神社

宮崎県高千穂町にある天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)は、天照大神(あまてらすすめおおみかみ)がお隠れになった洞窟・天岩戸(あまのいわと)をお祀りする神社です。

天照大神(あまてらすすめおおみかみ)は、最高神であり太陽の神様です。

パワ美
日本書記や古事記などの日本神話に登場する、天岩戸神話の舞台になった所が実在するなんて、興味が湧きませんか?

 

早速、天岩戸神社について、詳しく見ていきましょう。

天岩戸神社の社殿は2つある?

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)には、高千穂町の岩戸川をはさみ、西本宮と東本宮の2つの社殿があります。

では、順番にご紹介しますね。

1:天岩戸神社・西本宮

天岩戸神社・西本宮

【御祭神】
大日霎尊(おおひるめのみこと) ※天照皇大神の別称

【御神木】
招霊(おがたま)の木

【ご利益】
諸願成就

日本書記や古事記に登場する天岩戸神話で、天照大神がお隠れになられたのが天岩戸(あまのいわと)です。

この天岩戸(あまのいわと)を御神体としてお祀りしているのが西本宮です。

御神体である天岩戸(あまのいわと)は、ご神域のため、自由に入ることができません。

通常は、拝殿ごしに拝みます。でも、社務所でお願いすると、天岩戸(あまのいわと)を直接拝むことができる「天岩戸遥拝所(あまのいわとようはいじょ)」へ案内していただけます。

お祓いを受けた後、「天岩戸遥拝所(あまのいわとようはいじょ)」に入り、神職の方の説明が受けられるのです。

1人でも大丈夫です。

ただし、写真撮影は禁止ですので、注意をして下さい。

時期によっては混んでいるかもしれませんので、少し待つこともあります。

パワ美
せっかくのパワースポットですから体験したいですね。

 

御神体である天岩戸は、横幅が約18メートル、奥行きが約9メートルです。

また、御神木の「招霊(おがたま)の木」は、境内の右手にあります。

春には花が咲き、秋には実がなるもくれん科の木です。

「招霊(おがたま)の木」は、天岩戸に隠れた天照大神を誘い出すために踊った、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が手に持っていた枝。

見てみたいですね!

2:天岩戸神社・東本宮

天岩戸神社・東本宮

【御祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)

【ご利益】
諸願成就

岩戸川を挟んで、西本宮の対岸にあるのが東本宮です。

「天岩戸大神宮」とも呼ばれ、西本宮に比べると、静かな雰囲気です。

西本宮は、天岩戸(あまのいわと)を御祭神としています。

それに対して、東本宮は、天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)ご本人をお祀りしている神社です。

天照皇大神が天岩戸(あまのいわと)から出た後、最初に鎮座したのが、この場所といわれています。

「天岩戸大神宮」とも呼ばれ、西本宮よりも格が上だということになります。

境内の億には、「七本杉」があり、その連なった根元からは御神水が湧き出ています。

 

このように、天岩戸神社は、この2つの社から成っているのです。

また、西本宮から岩戸川の上流に向かうと、天安河原(あまのやすかわら)があります。

この天安河原には、八百万(やおよろず)の神が集まり、相談されたといわれる洞窟があります。

ちなみに、八百万(やおよろず)の神とは、多くの神という意味です。

 

では、その天安河原(あまのやすかわら)について見てみましょう。

強力なパワースポットとして有名です!

天安河原(あまのやすかわら)

天安河原・鳥居

【御祭神】

  • 思兼神(おもいかねのかみ)
  • 八百萬神(やおよろずのかみ)

【ご利益】
諸願成就

この辺りで最も神聖な場所とされているのが、天安河原(あまのやすかわら)です。

天照皇大神が天岩戸(あまのいわと)へ隠れてしまった時に、八百万(やおよろず)の神が相談をされた場所です。

本当に凄いパワーが溢れているので、洞窟に近づけない方もいらっしゃるとか。

中心部分には、奥行が約30メートル、間口が約40メートルの「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」という洞窟があります。

さらに、洞窟の奥に進むと、「天安河原宮」という小さな鳥居と社が。

ここで積み石をしながら願い事をすると、八百万(やおよろず)の神に願いが届いて、願い事が叶うといわれています。

しかも、石を多く積むほど、叶いやすくなるといわれています。

このため周辺には、参拝者が願掛けのために積んだ石がたくさんあります。

神秘的ともいえる独特の雰囲気です。

パワ美
ただし、暗くなると、少し怖い雰囲気になるので、明るい時間に行くのがおすすめです。

天安河原(あまのやすかわら)へ行くには、西本宮を出て、岩戸川の上流に進みます。

遊歩道を歩いて行くと、約10分で到着です。

階段があり、滑りやすい所もあります。歩きやすい靴で出掛けて下さい。

江原啓之さんも仰る「最強のパワースポット」

天安河原(あまのやすかわら)は、江原啓之さんが

「自分を変えたい時に行くのが最適。最強のパワースポット。」

と仰るほどの場所です。

途中の橋で、江原さんご本人が禊(みそぎ)をしたこともあるそうです。

さらに、東国原英夫さんも、宮崎県の知事になることをここで決めました。

パワ美
ますます天安河原へ行きたくなりますね!

 

ではいよいよ、天岩戸(あまのいわと)にまつわる天岩戸神話をご紹介します。



天岩戸神話とは?

天岩戸神話のイラスト

天岩戸神話

天岩戸神話は、神天照大御神(あまてらすすめおおみかみ)が、天岩戸(あまのいわと)に入ってしまったため、世界が真っ暗になってしまったという神話です。

弟である須佐之男命(すさのおのみこと)のいたずらにお怒りになり、天岩戸(あまのいわと)に入った神天照大御神

なんとか連れ出そうと、八百万(やおよろず)の神が相談をしますが…。

 

いったいどうなったのでしょうか。

詳しくご紹介しますね。

須佐之男命(すさのおのみこと)のひどいいたずら

その昔、高天原(たかあまはら、たかあまのはら)という神々の世界がありました。

そこには、太陽の神様である神天照大御神や弟神である須佐之男命(すさのおのみこと)、他の神々が住んでいました。

須佐之男命(すさのおのみこと)は、普段からいたずらがひどく、神天照大御神は困っていました。

田んぼの畔(あぜ)を崩してしまったり、手の付けられない行動ばかりします。

しかも、どんどんエスカレートしていくのです。

 

ある時、須佐之男命(すさのおのみこと)は、とんでもなく驚くようないたずらをしてしまいます。

なんと、馬の皮を剥ぎ、神天照大御神たちがいる機織りの小屋に投げ込んだのです。

そのあまりの恐ろしさに、機織をする娘の一人は、亡くなってしまいました。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)がお怒りになる

このいたずらに天照大御神は、お怒りになります。

そして、天岩戸(あまのいわと)と呼ばれる洞窟の中に入り、戸を閉めてしまいます。

太陽の神様である天照大御神(あまてらすすめおおみかみ)がお隠れになったことで、世界は闇に包まれてしまいました。

その影響で、病気が流行ったり、農作物が育たなくなったりと、災いが次々と起こるように。

八百万(やおよろず)の神が天安河原(あまのやすかわら)で相談

「太陽の神様が出てこないと、世の中に大変な事や悪い事が起こってしまう。」

困り果てた八百万(やおよろず)の神は、集まって相談をしました。

その相談した場所が、天安河原(あまのやすかわら)です。

神々たちの相談の結果、天岩戸の前でいろいろな事を試すことになりました。

 

まず試したのが、長鳴鳥(ながなきどり)を鳴かせることでした。

長鳴鳥(ながなきどり)には、太陽の神様を呼ぶ力があるということでしたが、この方法は上手くいきませんでした。

さらに相談をしていると、知恵の神である思兼神(おもいかねのかみ)が案を出しました。

天岩戸(あまのいわと)の前で騒ぐことに

「そうだ、天岩戸(あまのいわと)の前で楽しく騒いで、天照大御神を外に出そう!」

そこで、芸能の女神である天鈿女命(あめのうずめのみこと)が、衣をひるがえしながら天岩戸(あまのいわと)の前で舞いました。

手には、招霊(おがたま)の木の枝を持っています。

天鈿女命(あめのうずめのみこと)が乱舞する姿を見て、八百万(やおよろず)の神は大騒ぎではやし立てます。

すると、その賑やかな様子が気になった天照大御神は、少しだけ天岩戸(あまのいわと)を開けました。

「真っ暗なはずなのに、どうしてこんなに楽しそうに騒いでいるのか。」

気になって覗いたのです。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)に鏡を見せる

そこで、外の様子を覗いている天照大御神に、天鈿女命(あめのうずめのみこと)は言いました。

「とても立派な神がここにおられるんですよ。」

そう言って鏡を差し出します。

すると、そこには美しい女神が映っていました。

それが自分の姿だとは気づかず、天照大御神は、もう少し美しい女神の姿を見たい、と思いました。

そして、天岩戸(あまのいわと)から、さらに身を乗り出します。

その時 です。

思兼神(おもいかねのかみ)が天照大御神の手を引きました。

手力男命(たぢからをのみこと)が天岩戸(あまのいわと)を開ける

さらに、そのタイミングで、力の神様である、手力男命(たぢからをのみこと)が天岩戸(あまのいわと)を開けました。

こうして、天照大御神は、天岩戸から連れ出されたのです。

そして、再び世界は明るくなり災いが起こらなくなりました。

 

参拝する時には、ぜひこの神話を思い出して下さいね。



 

では、天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)のお守りと御朱印、絵馬もチェックしておきましょう。

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)のお守り・御朱印・絵馬

順番に見ていきましょう。

天岩戸神社のお守りは?

パワ美
綺麗ですね。川のせせらぎが聞こえてきそうです^^

天岩戸神社の御朱印は?

右側には高千穂神社の御朱印も。

天岩戸神社の絵馬は?

パワ美
絵馬にも天岩戸神話が描かれていますね。

 

では、最後に天岩戸神社周辺のおすすめスポットをご紹介します。

天岩戸神社・周辺のおすすめスポット

天岩戸神社・周辺のおすすめスポットは、高千穂峡です。

天岩戸神社を参拝した後、時間があればぜひ訪れたいのが高千穂峡。

ごんけさん(@ramueugonke)がシェアした投稿

高千穂峡は、日本を代表する景勝地で「真名井の滝」が有名です。

「真名井の滝」は心身浄化のご利益があるといわれているパワースポットです。

ボートに乗って、雄大な自然を感じて下さい。

高千穂峡

  • 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
  • 0982-73-1213
  • 混雑する時期は高千穂峡周辺シャトルバスが運行
詳細は一般財団法人・高千穂町観光協会の公式サイトをご覧下さい。

まとめ

天岩戸神社の遊歩道
今回は、宮崎のパワースポットの中から、高千穂町にある天岩戸神社の神話などについてお伝えしました。

 

高千穂町のパワースポットは、一か所、一か所、それぞれに強いパワーがあります。

その中でも、天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)と天安河原(あまのやすかわら)は特に凄いパワースポットです。

ぜひ訪れてみて下さいね。

天岩戸神話のご利益で、開運パワーアップができますように!

 

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら