駒林神社(神戸市長田区)で御朱印!厄除の宮の雨でスッキリ!

鳥居正面

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

神戸市長田区にある、駒林神社(こまがばやしじんじゃ)へ参拝して御朱印をいただいてきました!

駒林神社は、厄除けのご利益で知られる神社です。

「いかなごのくぎ煮発祥の地」で有名な駒ヶ林に鎮座し、地元では、「駒ヶ林の厄神さん」などと呼ばれ親しまれています。

「いかなごのくぎ煮」は神戸在住の私の大好物 ♪

 

今回は、神戸市長田区にある、厄除けの宮・駒林神社(こまがばやしじんじゃ)の御朱印などについてお伝えします。

参拝の途中で雨が降り、気持ちが洗い流されたように スッキリ としました!

ぜひチェックして下さいね。

スポンサーリンク

駒林神社(こまがばやしじんじゃ)とは?

鳥居正面

【名称】
駒林神社(こまがばやしじんじゃ)

【御祭神】

  • 応神天皇(おうじんてんのう)
  • 猿田彦大神
  • 奇稲田姫命

【住所】
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3

【ご利益】
厄除け・災難除け など

【社務所・受付時間】
9:00~16:00

【アクセス】
JR新長田駅より 徒歩約20分

駒林神社は、厄除けの宮として知られています。

平安時代には、駒林神社がある駒ヶ林に、玄蕃寮(げんばりょう)の出先機関がありました。

国内へ災いが入らないように、税関や入国管理の役割を果たしていた機関です。

駒林神社は、その当時から邸内社として崇敬を集めている神社です。

現在でも、毎年1月18・19・20日に厄除大祭が行われ、多くの参拝客で賑わいます。

 

では、ここから私の参拝記をご紹介しますね。

JR新長田駅近くの商店街からスタート!

2国

JR新長田駅の西側に、新長田一番街商店街があります。鉄人28号があるので、鉄人ストリートとも呼ばれています。

その商店街を、ずーっと南東へ向かうと、国道2号線に出ます。

国道2号線の信号を渡って、さらに進みますよ。

アスタ1番館

商店街をどんどん進んで行きます。

アスタ3番館

距離は長いですが、たくさんのお店を見ながら進んでいると、あっという間です。

アスタ6番館

最後の商店街を抜けます。

そして、商店街を端まで進んだところまで来ました。ここから、まだ真っ直ぐに進んで下さいね。

商店街を抜ける

信号を渡ります。

信号

さらに、ずーっと歩いて行きます。

真っ直ぐ

すると、海の近くまで来ました。

海

今度は、右へ曲がってしばらく進みます。

道沿い

勢いのある、こんな木が右側に見えたらもうすぐです^^

凄い木

駒林神社の大鳥居が見えました。

見えた

駒林神社に到着です!

駒林神社を参拝

距離

駒林神社の第一の鳥居である朱赤の大鳥居をくぐってから、社殿まではさらに距離があります。

少し先に、社殿が見えていますね。

大鳥居から住宅街を抜けると、駒林神社の第二の鳥居があります。

駒林神社の入口

第二の鳥居をくぐります。

鳥居をくぐると、すぐ左手に手水舎が。

手水舎

まずは、こちらで身を清めます。

手水舎

手水舎にはセンサーがついているので、近づくとお水が出ますよ。

水
パワ美
龍が可愛い手水舎です。

 

手水舎で身を清めたら、早速、拝殿へ向かいます。

拝殿へ

駒林神社

平日なので、私以外には誰もいません。

拝殿前にある3つの鐘を全部鳴らしました。

パワ美
ジャラジャラするのが好きなのです^^

誰もいないので、3つの鐘をジャラジャラして、ゆっくりと参拝することができました。

続いて、境内の末社へ向かいます。

境内末社

靖国社

境内の左手には、靖国社があります。

靖国社では、駒林神社がある駒ヶ林地区から出征された戦没者の御霊をお祀りしています。

パワ美
木の鳥居はまだ新しいですね。

 

次に、境内の左手奥へと進みます。

荒神社へ

荒神社です。台所の神様をお祀りしています。

荒神社

荒神社のお社は、伊勢神宮の御正宮の塀の柱や、垂木に使われていた木で造営されています。

次に、境内の右手奥へ。

境内右

境内の右手奥には、稲荷社があります。

稲荷社

稲荷社には、産業や食物の大神様がお祀りされています。

パワ美
周りには、往年の映画スターによって奉納された玉垣があるそうです。私は見つけられませんでした。

さらに、稲荷社の右側には神明社が。

神明社

神明社には、天照大御神がお祀りされています。

パワ美
神明社の灯篭の灯りが、とっても綺麗でした。

参拝を終えて、御朱印をいただくために社務所へ向かいました。

スポンサーリンク

駒林神社の社務所へ

社務所

駒林神社の社務所の上に、大きな絵馬があります。

これは、厄除け鉄人絵馬の大きいものです。

パワ美
新長田には、大きな鉄人28号があるので、絵馬に描かれているんですね。

社務所の右側にある絵馬掛けにも、たくさんの厄除け鉄人絵馬が奉納されています。

絵馬掛け

厄除け鉄人絵馬は、授与品としていただくことができますよ。

 

私は、御朱印とお守り、さらに御朱印帳をいただくことにしました。

駒林神社の御朱印

御朱印

駒林神社の御朱印は、スッキリとしていて素敵な御朱印です。

パワ美
印の文字が可愛いですよね。

そして、今回私がいただいた木の御朱印帳も、とっても素敵なのでご紹介しますね。

駒林神社の木の御朱印帳

木の御朱印帳

こちらが、駒林神社の木の御朱印帳です。

パワ美
とっても綺麗で、素敵な御朱印帳ですよね。テンションが上がります^^

御朱印帳の初穂料は、御朱印込みで2000円でした。

さらに、お守りもいただきました。

駒林神社のお守り

お守り

今回私がいただいたのは、左義長守という厄除けのお守りです。

厄除けの七色が使われた、勾玉の形をしたお守りです。

お守りアップ

左義長守の初穂料は、500円です。

パワ美
カラフルで、ご利益がありそうなお守りですよね。

 

社務所で御朱印をいただいた後、雨がザーっと降ってきました。

途中で雨がザーっと

雨
雨が激しくなってきたので、しばらく拝殿で雨宿りをさせていただくことに。

拝殿から、境内に降る雨を眺めていると、全てが洗い流されたような感覚になりました。

心の底からスッキリ!

写真は、御朱印をいただいた後に撮影させていただいたものです。

ですので、所々に雨が写っています。

雨の境内
パワ美
快く撮影をさせていただいてありがとうございました!参拝中に雨が降ったのは初めてですが、なんだか心地良く感じました。

 

ところで、いかなごのくぎ煮をご存知ですか?

いかなごのくぎ煮発祥の地

いかなごのくぎ煮の碑

駒ヶ林は、「いかなごのくぎ煮発祥の地」として有名な地域です。

このため、駒林神社の大鳥居の前には、石碑が建っています。

神戸生まれ、神戸育ち、神戸在住の私にとっては、いかなごのくぎ煮は毎年必ず食べるものの一つです。

子供の頃から、母親が作ってくれるいかなごのくぎ煮が大好きでした。

今でも、春になると、神戸や明石では一斉に、いかなごが販売されますよ。

パワ美
いかなごのくぎ煮の季節になると、近所でもお醤油と砂糖の良い香りが漂っていました。懐かしいです^^

 

神戸には他にもパワースポットがたくさんあります。

特に有名な神社から巡りたい、というあなたはこちらの記事をチェックして下さいね。

⇒神戸の神社・有名パワースポットおすすめランキングベスト7!

まとめ

御朱印とお守り

今回は、神戸市長田区にある、厄除けの宮・駒林神社(こまがばやしじんじゃ)の御朱印などについてお伝えしました。

雨が降って心の底からスッキリ!

今度は、晴れた日に参拝したいと思っています。

あなたもぜひ、駒林神社で木の御朱印帳に、素敵な御朱印をいただいて下さいね。

パワ美
最近では、コスプレイベントに参加する人達にも人気の駒林神社です^^

 

こちらの記事もおすすめです
長田神社で厄落としをして仕事運をアップ!運気を上げる方法の一つ!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



鳥居正面