日枝神社の初詣2023年(令和5年)!混雑する時間帯は?屋台はある?

都会の中にある日枝神社の社殿

東京都千代田区・赤坂にある日枝神社(ひえじんじゃ)。

日本の政治経済の中心地ともいえる永田町に鎮座する神社です。

 

日枝神社は、仕事運や出世運、縁結びのご利益がいただけることから、政財界の関係者や、ビジネスマン、女性が多く訪れる赤坂のパワースポット!

「山王日枝神社」、「山王さん」と呼ばれ、縁起が良い神猿(まさる)さんのお守りなどが人気ですね。

そんな日枝神社には、初詣にも毎年多くの人が参拝に訪れます。

 

今回は、日枝神社の初詣2022年!混雑する時間帯は?屋台はある?という内容でお伝えします。

2023年(令和5年)の初詣に日枝神社へ参拝する予定なら参考にしてください。

 

日枝神社についての詳しい記事はこちらをご覧下さい。

⇒東京・日枝神社のご利益とアクセスは?猿のお守りで開運!

日枝神社の初詣2023年(令和5年)!混雑する時間帯は?

都会の中にある日枝神社の社殿

まずは、日枝神社の初詣の時間を見ておきましょう。

日枝神社の初詣の時間は?

日枝神社の2023年(令和5年)の初詣の時間は、開門時間~閉門時間までと同じです。

ただし、新年の御祈祷(ご祈願)の時間とは異なります。

1月1日元日(日・祝) 0:00~18:00
1月2日(月・祝)~5日(木) 6:00~18:00
1月6日(金)以降 6:00~17:00

なお、2022年12月31日(土)の大晦日は、17:00で一旦閉門になる予定です。

 

新年の御祈祷(ご祈願)の時間も見ておきましょう。

新年の御祈祷(ご祈願)の時間は?

日枝神社の新年の御祈祷(ご祈願)の時間は次の通りです。

1月1日元日(日・祝) 0:40頃~17:00
1月2日(月・祝)~5日(木) 9:00~17:00
1月6日(金)以降 9:00~16:00

 

パワ美
1月1日は、新年最初の神事である若水祭が執り行われた後から、御祈祷(ご祈願)を受けることができます。

 

では、日枝神社の初詣で混雑する時間帯を見てみましょう。

日枝神社の初詣で混雑する時間帯は?

日枝神社の神門

日枝神社の初詣で混雑する時間帯は、例年次のようになっています。

  • 元旦の0:00~3:00頃
  • 正月三が日の10:00~16:00頃

混雑する時間帯のピークになると、日枝神社の参道から社殿まで、多くの人で埋め尽くされる状態になります。

 

日枝神社には、お正月三が日で、約30万人の人出が予想されています。

このため、境内は大混雑です。

日枝神社の社殿までたどり着いて参拝できるまでには、30分以上の待ち時間が発生することもあるとか。

パワ美
特に、大晦日から元旦にかけては、二年参りをする人も多いので、混雑は避けられませんね。

 

ただし、東京都内の神社としては、30分程度の待ち時間なら比較的短いといえます。

また、年始のお祝いをした後に初詣をする人も多くいらっしゃいます。

ですので、正月三が日の10:00~16:00も混雑が予想されます。

 

となると、正月三が日を過ぎると人出は少なくなるのでしょうか。

正月三が日を過ぎると人出はどうなる?

正月三が日を過ぎると、今度は、1月4日・5日から仕事始めになります。

すると、永田町界隈に出社するビジネスマンなどが初詣に訪れるように。

このため、日枝神社への人出は増えます。

 

ですので、1月4日・5日の8:00~13:00頃も混雑する可能性はあります。

場合によっては、三が日の混雑する時間帯と同じように、30分程度の待ち時間が発生することも。

 

では、日枝神社の初詣で混雑を避けることができる時間帯はあるのでしょうか。

混雑を避けるためのおすすめの時間帯

日枝神社の山王鳥居
日枝神社の初詣で、混雑を避けるためのおすすめの時間帯は次の通りです。

  • 元旦の3:00~7:00頃
  • 2日・3日の6:00~8:00頃
  • 三が日の15:00~閉門まで
  • 4日以降の早朝または夜間

三が日は、朝8:00頃には参拝客が多くなってくる可能性があります。

ですので、混雑を避けて初詣に行きたい場合は、上記の時間帯以外に行くことをおすすめします。

上記以外の時間帯なら、比較的スムーズに落ち着いて参拝できるでしょう。

 

ただし、早朝や深夜には社務所が閉まっていたり、屋台も開いていない可能性が。

お守りや破魔矢などもいただきたい場合は注意をしてください。

パワ美
どちらにしても、年が明けてすぐの時間帯と、元旦の昼間の時間帯は避けた方が無難ですね。

 

無事に初詣の参拝を終えたら、楽しみなのが屋台ですよね。

日枝神社の初詣で、屋台はあるのでしょうか。

次に、日枝神社の初詣の屋台について見てみましょう。



日枝神社の初詣で屋台はあるの?

屋台の様子
日枝神社の初詣では、例年だと、屋台はあります。

屋台の数はそれほど多くありませんが、社殿の裏手に、いくつかの屋台が出店されます。

 

ただし、ほとんどの屋台は三が日の間だけの営業です。

もし、三が日に初詣に行くなら、ぜひ屋台にも立ち寄って楽しんでください。

2023年(令和5年)は、新型コロナウイルス感染症予防のため変更になる可能性があります。

 

屋台の営業時間はハッキリとは決まっていません。

でも例年は、次のような営業時間になっています。

  • 1月1日:0:00~19:00頃
  • 2日・3日:10:00~18:00頃
パワ美
参拝後には温かいものを食べたいですね。

 

では最後に、日枝神社へのアクセスをご紹介します。

日枝神社へのアクセス

日枝神社の裏参道の鳥居
日枝神社へのアクセスについて、電車で行く場合と、車で行く場合をご紹介します。

電車で行く場合

  1. 東京メトロ 千代田線・赤坂駅(出口2)より 徒歩約8分
  2. 東京メトロ 南北線または銀座線・溜池山王駅(出口7)より 徒歩約5分
  3. 東京メトロ 千代田線・国会議事堂前駅(出口5)より 徒歩約8分
  4. 東京メトロ 銀座線または丸の内線・赤坂見附駅(出口11)より 徒歩約8分

日枝神社へ電車で行く場合は、東京メトロが便利です。

1~4のいずれの駅からも10分以内に行くことができますよ。

車で行く場合

日枝神社へ車で行く場合は、首都高速の霞が関インターチェンジより約5分です。

ただし、駐車場については、少し注意が必要です。

駐車場について

日枝神社には駐車場があります。

しかも駐車可能台数は約100台で料金は無料。

100台程度停められるので、普段なら問題はありません。

 

でも、初詣となると注意が必要です。

初詣の時期には、周辺道路が混みあうだけでなく、駐車場に入るまでに時間がかかります。

場合によっては、1時間以上待つこともあるようです。

ですので、日枝神社の駐車場に停めるのなら、時間に余裕を持って初詣に出掛けるようにしてください。

 

また、日枝神社周辺には有料の駐車場も数多くあります。

有料の駐車場なら、比較的スムーズに停めることができるでしょう。

 

ただし、都会のど真ん中・赤坂なので、駐車料金は少し高くなることも。

パワ美
できれば、電車やバスなどの公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

日枝神社について

【名称】
皇城の鎮 日枝神社(ひえじんじゃ)

【御祭神】
大山咋神(おおやまくいのかみ)

【相殿】

  • 国常立神(くにのとこたちのかみ)
  • 伊弉冉神(いざなみのかみ)
  • 足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)

【住所】
東京都千代田区永田町2-10-5

まとめ

日枝神社の千本鳥居
今回は、日枝神社の初詣2022年!混雑する時間帯は?屋台はある?という内容でお伝えしました。

 

2023年(令和5年)の初詣を東京で行く予定なら、ぜひ日枝神社へ。

パワ美
日枝神社には、千本鳥居もありますよ。

 

今回ご紹介した、赤坂の日枝神社は、テレビ番組「にじいろジーン」の「ニッポン開運 福めぐり」のコーナーで紹介されたことも。

にじいろジーンで紹介されたパワースポットについてまとめた記事があります。

ぜひご覧ください。

⇒にじいろジーンで紹介のパワースポットまとめ!神社やお寺の御朱印をいただくなら!

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

可愛いブレスレットで運気アップできれば毎日ワクワクです!

パワーストーンブレスレットを購入するならヒラオカ宝石はおすすめのお店。

詳細はこちらの記事でチェックしてくださいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら