初詣はいつまでに行く?関東と関西は違う?2回行っても良い?!

初詣のイメージ・招福と書いた正月飾り

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

お正月といえば初詣(はつもうで)。

初詣は、いつまでに行くのが良いのでしょうか?

何となく三が日までに行くという気がしませんか?

関東と関西は違うのか、2回行っても良いのか、いろいろと気になりますよね。

 

今回は、初詣はいつまでに行くのが良いのか、などについてお伝えします。

せっかくの初詣、いろいろと知って良い一年にしたいですね♪

初詣はいつまでに行く?決まりはあるの?

初詣のイメージ・招福と書いた正月飾り
初詣(はつもうで)はいつまでに行くのが良いでしょうか。

実は、特に決まりはありません。さまざまな説や考え方があるのが現状です。

人によっては三が日に行くのが良いとか、1月中なら良いという考え方など…さまざまです。

 

以前は、お正月といえば長期の休みを取る人が多かったですよね。

でも、時代の移り変わりとともに、お正月に仕事をする人が増えてきました。

ですので、初詣はいつまでに行くかというのも、時代の移り変わりとともに変化しています。

 

では一般的にはどうなのでしょうか。



一般的には初詣はいつまでに行く?

一般的には、初詣は三が日に行く人が多いですね。

三が日に初詣に行けない場合は、遅くとも「松の内」や「小正月」までに行くという説が一般的です。

「松の内」や「小正月」について、簡単にご紹介すると次のようになります。

  • 松の内:お正月の松飾りを飾る期間・注連縄(しめなわ)や鏡餅も同じ期間飾る
  • 小正月:旧暦の満月にあたる1月15日・古代のお正月の名残とも

 

では、初詣はいつまでに行くのか、関東と関西の違いはあるのでしょうか。

関東と関西は違う?

初詣のイメージ・2つのミニ門松
初詣はいつまでに行くのか、関東と関西では少し違います。

なぜかというと、関東と関西では「松の内」の期間が違うからです。

まずは関東の「松の内」の期間から見ていきましょう。

「松の内」の期間・関東の場合

関東の場合、「松の内」の期間は1月7日までとされています。

もともと「松の内」は、江戸時代初期まで、1月15日の「小正月」までの期間を指していました。

1月15日の「小正月」の後、1月20日に鏡開きをしてお正月を終えるというのが通常でした。

ところが、1651年(慶安4年)の4月20日に、徳川家光が江戸城で亡くなってしまいます。

このことから、関東では20という数字を避け、お正月の鏡開きを1月20日から11日に変更しました。

それとともに、江戸幕府が「松の内」の期間を1月7日までとしたのです。

その後、関東から東や北の地方へも、「松の内」の期間は1月7日までというのが広がっていきました。

 

関西の場合はどうなのでしょうか。

「松の内」の期間・関西の場合

関西の場合、「松の内」の期間は1月15日までとされています。

関東で「松の内」の期間が1月7日までとなった後も、関西では変わることがありませんでした。

これは、大阪や京都が栄えていたことを示しています。

関西では独自の文化が発展していたために、江戸幕府の影響を受けることがなかったと考えられます。

さまざまな説

初詣はいつまでに行くのか、さまざまな説をまとめると、主に次のようになります。

  • 初詣はお正月三が日に行く
  • 初詣は1月7日までに行く
  • 初詣は1月15日までに行く
また、地域によっては「松の内」が1月20日までという場合もあります。

このように、さまざまな説があります。厳密には決まっていないということです。

昔と違い、それぞれの生活スタイルに合わせて、初詣に行くのが良いのではないでしょうか。

パワ美
いずれにしても、初詣にはできるだけ早めに行きたいですね。

 

では、初詣は2回行っても良いのでしょうか。



初詣は2回行っても良いの?

初詣で授与される神社の破魔矢
初詣は、基本的には2回行っても良いですよ。

敢えて言うなら、初詣には何回行っても大丈夫です。

ただし、「基本的には」というのがポイントです。

初詣は何回行ってもよいですが、きちんと意味を知っておく必要があります。

初詣の意味をきちんと知ったうえで、あなたが行きたいだけ初詣に行っても良い、ということです。

 

では、初詣にはどのような意味があるのでしょうか。

次に、初詣の意味や由来を見てみましょう。

初詣の意味や由来

初詣のイメージ・神社の鳥居と日の出
初詣(はつもうで)は、一年の初めに神社やお寺などにお参りをすることです。

初参り(はつまいり)とも呼ばれています。

初詣には、新年が良い年になりますように、健康で幸せな一年を過ごせますように、という意味があり、願いが込められています。

でも、初詣の意味はそれだけではありません。

本来、初詣には、昨年一年を無事に過ごせたという感謝の気持ちも表す意味もあります。

そこで、初詣の本来の意味を見てみましょう。

初詣の本来の意味

初詣の本来の意味は、次の2つの気持ちを表すものです。

  1. 一年を無事に過ごせたという感謝の気持ち
  2. 新年を健康で幸せに過ごせますようにと祈る気持ち

初詣は、上記の2つの気持ちを表すために、大晦日の夜に家長が寝ないで歳神様(年神様)をお迎えする「年籠り」の慣習だったといわれています。

それがいつしか、大晦日に除夜の鐘をつく 除夜詣(じょやもうで)と、元日に参拝する 元日詣(がんじつもうで)の2つの行事に分かれていったようです。

そして、元日詣(がんじつもうで)が、お正月に参拝する初詣(はつもうで)として定着したのです。

ですので、初詣に 神社へ行くなら、まずは自分が住んでいる土地の氏神様がお祀りされている神社に行くのをおすすめします。

 

氏神様がお祀りされている神社へお参りした後は、どこの神社へ何回初詣に行っても大丈夫です。

また、初詣は、その年の恵方(えほう・自分の住んでいるところから見て良い方角)に参拝する「恵方参り」の慣習だったという説もあります。

パワ美
その年の恵方にある神社やお寺へ初詣に行くのも良いですね。
お寺へ初詣に行く場合は、最初にどこのお寺へお参りしても大丈夫です。私の場合は、近くのお寺へ初詣に行きます。

 

ところで、初詣が「年籠り」の慣習だったことから、二年参りというのがあるのをご存知でしょうか。

二年参り

大晦日の夜から元旦にかけて、深夜0:00をまたいで元旦に参拝することを、二年参りと呼びます。

大晦日の夜から元旦にかけてのカウントダウン。

神社やお寺で新年を迎えるのって盛り上がりますよね。

もちろん、大晦日の参拝の後に一旦家に帰り、再び元旦に参拝しても良いですよ。

パワ美
大人になるにつれて、カウントダウンは家ですることが多くなりました^^

まとめ

初詣のイメージ・飾りの付いたミニ羽子板
今回は、初詣(はつもうで)はいつまでに行くのが良いのか、などについてお伝えしました。

初詣はいつまでに行くのか。

人によっては三が日に行くのが良いとか、1月中なら良いという考え方など…さまざまです。

また、関東と関西の違いもあります。

それぞれの生活スタイルに合わせて、初詣に行くのが良いのではないでしょうか。

初詣に2回行ったり、二年参りや恵方(えほう)参りをするのも良いですね。

 

個人的には、できれば、初詣は三が日の間に行きたいです。

パワ美
ニュースで初詣の様子を見ると、人混みを避けたくもなりますが…^^
今回お伝えした内容は、あくまでも私の個人的な目線で解釈しています。必ずしもこの通りでなければいけない、ということではありません。

 

ところで、初詣のやり方についても気になりませんか?

神社とお寺のどちらに初詣に行けば良いのかなど、初詣についての最低限のマナーも知っておきたいですよね。

初詣のやり方などについては、こちらの記事を参考にして下さいね。

⇒初詣のやり方は?どこに行くべきなの?最低限のマナーは?

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



初詣のイメージ・招福と書いた正月飾り

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。パワーアップや運気アップすることが大好きです!プラスのエネルギー満載で、パワーストーンやパワースポットなどの情報をお伝えします。