春財布とは?いつからいつまで?2020年のおすすめの購入時期も!

ピンク色長財布のイラスト

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

「春財布」という言葉を聞いたことがありますか?

財布で金運アップを願うなら、ぜひチェックしておきたい言葉です。

今回は、春財布とは、どのような財布なのか、いつからいつまでに購入する財布なのか、などについてお伝えします。

パワーストーンセラピストの私がおすすめする、2020年の春財布の購入時期もご紹介します。

ぜひ参考にして下さいね。

春財布とは?

ピンク色長財布のイラスト

春財布とは、漢字が示す通り、春に購入する財布のことです。

古くから春財布は縁起が良く、金運アップの効果が期待できるといわれています。

主に、縁起担ぎのために春財布を購入するようになったのです。

 

春財布の意味には、風水の考え方がもとになっているという説や、

語呂合わせがもとになっているという説など、さまざまな説があります。

語呂合わせの場合は、「財布がパンパンに張るぐらいお金が入ってくる」という意味があります。

パワ美
「春財布」=「張る財布」ということですね。

 

でも春と言っても、人によって解釈はさまざま。

「季節」の春を想像する人もいれば、「暦」のうえでの春を想像する人もいますよね。

一般的に春といえば、美しい桜が咲く3月、卒業式シーズンのイメージではないでしょうか。

 

では、春財布の春は、「季節」の春なのか、「暦」のうえでの春なのか…。

気になりませんか?

また、春財布はいつからいつまでに購入する財布のことなのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。



春財布はいつからいつまで?

カレンダーの日にち
春財布はいつからいつまでに購入する財布のことなのでしょうか。

実は、春財布の購入時期について、絶対にこの時期という決まりはありません。

春財布は、購入時期についても、さまざまな説があります。

さまざまな説の中でもよく知られているのが、下記の2通りの説です。

  1. 冬至(とうじ)~立春(りっしゅん)頃まで
  2. 立春(りっしゅん)~啓蟄(けいちつ)頃まで

1:冬至(とうじ)~立春(りっしゅん)頃まで

春財布の購入時期についての1つめの説は、「冬至(とうじ)~立春(りっしゅん)頃まで」です。

風水で用いられる陰陽五行説では、一年を陽の時期と陰の時期に分けます。

陽の時期と印の時期は、冬至や立春などの「二十四節気」で分けられます。

一年のうち、陽の時期が冬至から始まることから、冬至が過ぎれば春、ということになるのです。

「二十四節気」によると、冬至~立春の期間は12月22日頃~2月4日頃となります。

2:立春(りっしゅん)~啓蟄(けいちつ)頃まで

春財布の購入時期についての2つめの説は、「立春(りっしゅん)~啓蟄(けいちつ)頃まで」です。

こちらも1の説と同様に、「二十四節気」による考え方です。

「二十四節気」によると、立春は春の気が立つ時期。

そこで、立春が過ぎれば春、ということになるのです。

「二十四節気」によると、立春の期間は2月4日頃~3月6日頃となります。

 

上記の2つの説以外にも、立春(りっしゅん)~雨水(うすい)までという説などもあります。

また、財布を販売しているお店などでは、1月~4月頃まで春としている場合もあります。

ただし、先程もお伝えした通り、

春財布の購入時期について、絶対にこの時期という決まりはありません。

パワ美
ですので、1と2のどちらの説を選んでも大丈夫ですよ。

 

最後に、パワーストーンセラピストの私がおすすめする、2020年の春財布の購入時期をご紹介します。



2020年の春財布のおすすめの購入時期

吉日・天赦日のイメージのカレンダー
パワーストーンセラピストの私がおすすめする2020年の春財布の購入時期は、

2020年2月4日(火)~4月19日(日)です。

つまり、二十四節気での立春(りっしゅん)~穀雨(こくう)頃です。

 

一般的な説に比べると長いな、と思われるかもしれませんね。

でも、春の気の間は春だと考えて、素敵な春財布を探して下さい。

さらに、立春(りっしゅん)~穀雨(こくう)頃の間の、一粒万倍日がおすすめです。

パワ美
あくまでも個人的な意見です^^
一粒万倍日についてはこちらの記事をご覧下さい
一粒万倍日とは?2020年はいつ?財布を買うと金運アップ!

今回ご紹介した「二十四節気」の一部を、私がいつも参考にしている「二十四節気」から抜粋しましたので、参考にして下さいね。

二十四節気からの抜粋

  • 冬至(とうじ):一年のうちで夜が最も長く昼が最も短い日で、十二月二十二日ごろ。
  • 立春(りっしゅん):春の気が立つというところから名づけられたもので、二月四日ごろ。
  • 雨水(うすい):雪や氷が溶けて雨や水になるという意味で、二月十九日ごろ。
  • 啓蟄(けいちつ):冬眠していた虫が地中から這い出してくるという意味。三月六日ごろ。
  • 春分(しゅんぶん):昼と夜の時間が等分になり、彼岸の中日で、三月二十一日ごろ。
  • 清明(せいめい):春の清らかな気が満ち、草木が萌え出る様子のことで、四月五日ごろ。
  • 穀雨(こくう):春の雨が農作物を盛んに成長させる意味。四月二十日ごろ。
出典元:純正運命学会(2019年)『純正運命学会運勢歴』永岡書店.

まとめ

今回は、春財布とは、どのような財布なのか、いつからいつまでに購入する財布なのか、などについてお伝えしました。

「春財布」=「張る財布」。

パワ美
春財布の意味をポジティブに捉えて、あなたの金運がアップしますように。

パワーストーンセラピストの私がおすすめする、2020年の春財布の購入時期もぜひ参考にして下さい。

財布を使い始める時間帯についてのこちらの記事もおすすめです
財布を使い始める時間帯はいつが良い?!2020年のベストなタイミングは?

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



ピンク色長財布のイラスト

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。パワーアップや運気アップすることが大好きです!プラスのエネルギー満載で、パワーストーンやパワースポットなどの情報をお伝えします。