船寺神社(灘区)で御朱印!神戸を巡る私の参拝記です!

船寺神社・鳥居

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

神戸市灘区にある船寺神社(ふなでらじんじゃ)を参拝しました!最近は、神戸を巡って御朱印を集めています。

 

船寺神社は、厄除けのご利益がいただける神社です。

今回は、神戸市灘区にある船寺神社(ふなでらじんじゃ)について、お伝えしますね。御朱印もいただいてきましたよ!

神戸を巡る、私の参拝記です!

スポンサーリンク

船寺神社(ふなでらじんじゃ)とは

船寺神社・鳥居

【名称】
厄除東向八幡 船寺神社(やくよけひがしむきはちまん ふなでらじんじゃ)

【御祭神】

  • 八幡大神
  • 天照皇大神
  • 春日大神

【ご利益】
厄除けなど

【住所】
兵庫県神戸市灘区船寺通2-1-25

【アクセス】
阪神電車 大石駅より 徒歩約3分

船寺神社(ふなでらじんじゃ)は、神戸市灘区にある神社です。

正式名称は、厄除東向八幡 船寺神社。1082年(永保2年)、源義家によって創建されたとされています。

もともとは、「法船寺」というお寺もありましたが、明治維新の神仏分離によって、船寺神社として独立しました。

 

では早速、私の参拝記をご紹介しますね。今回は、船寺神社(ふなでらじんじゃ)に到着したところからです。

船寺神社を参拝!

鳥居左から

船寺神社(ふなでらじんじゃ)を参拝!早速、鳥居をくぐります。

鳥居をくぐると、スッキリとした境内が印象的です。まずは、右手にある手水舎へ。

手水舎

こちらの、手水舎で身を清めます。

立派な龍が

すると、手水舎には立派な龍が。

手水舎の龍
パワ美
かなりの迫力です。パワーを感じますね^^

では、拝殿へ向かいますね。

拝殿へ

船寺神社拝殿

立派な拝殿です。シンプルで、かつ珍しい色合いじゃないですか?

私が参拝した神社の中では、一番ナチュラル系?の色合いです。

 

ここで、改めて船寺神社(ふなでらじんじゃ)の正式名称に注目して下さい。

船寺神社の社殿は東向き

厄除東向八幡 船寺神社という神社名からもわかるように、船寺神社(ふなでらじんじゃ)の社殿は、東向き に建てられています。

通常、神社は、社殿が南向きになるように建てられることが多いものです。では、なぜ船寺神社の社殿は 東向き になるように建てられているのでしょうか。

 

これは、仏教の考え方である「西方浄土」に由来しています。参拝者が、神様を拝むと同時に、自然に西の方向を拝むことができるように建てられたものです。

パワ美
珍しいですね。凄い厄除けのご利益がいただけそうです^^

 

深い意味が込められた神社名を知って、船寺神社の厄除けのご利益パワーが溢れる社殿に、特別な印象を受けました。

そして、いつものことですが、平日の午前中なので、ゆっくりと参拝させていただきました。

 

次に向かったのは、拝殿の右手です。

拝殿右手の岩楠社(いわくすしゃ)

御神木
岩楠社(いわくすしゃ)があります。

もともと、船寺神社(ふなでらじんじゃ)の御神木として立っていた大楠。

現在は、岩楠社(いわくすしゃ)として、お祀りされています。

岩楠社

幼児の虫除けや、児童守護のご利益がいただける神様です。

神職さんによると、船寺神社(ふなでらじんじゃ)は、以前はもっと敷地が大きかったそうです。

神社の移転に伴い、船寺神社(ふなでらじんじゃ)の御神木として立っていた大楠をこちらにお祀りすることになりました。

その痕跡を、なんと帰り道に発見! また、機会があればご紹介しますね。

 

そして、境内には船吉稲荷社も。拝殿と、岩楠社(いわくすしゃ)の間を、奥に進みます。

船吉稲荷社

たくさんの鳥居
奥へ進もうとすると、ズラーっと鳥居が並んでいます。

たくさんの鳥居が、曲線を描くように、船吉稲荷社まで並んでいるのです。

稲荷神社の鳥居前
パワ美
この光景は、おすすめですよ。

そのまま進むと、一番奥に見えてくるのが、船吉稲荷社です。

稲荷神社の鳥居の上

商売繁盛や家内安全のご利益がいただけます。

稲荷神社

急に明るくなって、とっても心地の良い空気感です。稲荷神社もゆっくりと参拝させていただきましたよ。

 

この後、少し境内を散策してみました。その様子をご紹介しますね。

境内を散策

外から
まずは、拝殿前の狛犬から。

拝殿前の狛犬

船寺神社(ふなでらじんじゃ)の拝殿前には、とっても可愛い狛犬が、しっかりと神社を守っています^^

まずは、右の狛犬をパチリ!可愛いですね。手に毬を持っていますよ。

右の狛犬

手元のアップもパチリ!

狛犬・右

さらに後ろ姿まで。

右の後ろ

そして、左の狛犬です。こちらには、子供の狛犬が。可愛いです^^

左の狛犬

子供の狛犬は、お母さん?にそっくりですね。

狛犬・右

可愛いけど、表情には迫力があります。そして、後ろ姿も失礼して…。

左の後側
パワ美
狛犬好きにはたまらない後ろ姿です^^

 

スッキリとした境内

綺麗な境内

船寺神社の境内は、スッキリと綺麗にされていました。

境内が綺麗

どこを見てもスッキリ^^

境内の木

このスッキリ感。素晴らしいですよね。

拝殿の右側に、社務所があります。

社務所
この後、社務所へ向かい、御朱印とお守りをいただくことに。

私が社務所へ行くと、神職さんが不在でした。もし、社務所に神職さんが不在の時は、ブザーを鳴らして下さい。

スポンサーリンク

 

では次に、船寺神社(ふなでらじんじゃ)の御朱印とお守りをご紹介しますね。

船寺神社(ふなでらじんじゃ)の御朱印とお守りは?

船寺神社の御朱印
今回いただいた、船寺神社(ふなでらじんじゃ)の御朱印です。線は細いですが、とっても力強くて素敵です!

お守りもいただきました。いかにも厄除けのご利益がありそうなお守りだと思いませんか?

船寺神社のお守り

そういえば…挟み紙(はさみがみ)というものをご存知でしょうか。

神社やお寺などで御朱印をいただくと、御朱印帳に挟み紙(はさみがみ)を入れていただけます。

船寺神社(ふなでらじんじゃ)の挟み紙(はさみがみ)は、こちらの中央にある紙。

挟み紙

神社庁の用紙のようです。ここに「大切なのは、感謝のこころ」と書かれていますよね。

私の場合は、ふとした時にこのような言葉を目にするだけで、日頃の気持ちも変わってきます。ありがたいです。

挟み紙(はさみがみ)は、御朱印や墨書きの文字が他のページに写ってしまわないように、また保護の目的で入れる紙のことです。

私の知っている限り、挟み紙(はさみがみ)は、白い半紙を使うのが一般的です。

でも時々、変わった挟み紙(はさみがみ)があり、神社の由緒が書かれていたり、ありがたい言葉が書かれています。

挟み紙(はさみがみ)にも、神社やお寺の個性が出て面白いものです。

神職さんも、とっても感じの良い方でした。

由緒書き

私の質問にも、丁寧に答えていただいて、御由緒書も、いただきましたよ。

パワ美
心地良い参拝をさせていただいて、ありがとうございました!

まとめ

稲荷神社の鳥居・斜めから
今回は、神戸市灘区にある船寺神社(ふなでらじんじゃ)について、お伝えしました。

神戸の御朱印とお守りが、また一つ増えました。

とっても綺麗で心地良い空気感。

あなたもぜひ、船寺神社(ふなでらじんじゃ)に参拝して下さいね。

私の神戸の神社巡りは、まだまだ続きます!

 

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



船寺神社・鳥居