御岩神社の光の柱は宇宙へ届く?!場所を探しに登山はいかが?

御岩神社の本殿

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。

茨城県日立市にある御岩神社(おいわじんじゃ)が、日本でも有数のパワースポットだというのをご存知でしょうか。

その驚きのパワーは、光の柱となって、宇宙へ届くほど!

「えっ?何のこと?」

そうですよね。私も、最初に聞いた時は、何のことやら、さっぱりわかりませんでした^^

そこで、調べてみました。

すると、その光の柱は、茨城県日立市の御岩神社(おいわじんじゃ)がある山から、出るそうなのです。

となると、光の柱がどの場所から出るのか気になりませんか?

今回は、茨城県日立市にある、御岩神社(おいわじんじゃ)についてお伝えします。

宇宙へ届く光の柱。

光の柱の場所を探しに登山に行くのはいかがですか?

御岩神社(おいわじんじゃ)とは?

御岩神社の本殿

【名称】
御岩神社(おいわじんじゃ)

【住所】
茨城県日立市入四間町752

【創建時期】
不明

【御祭神】

  • 国常立尊(くにとこたちのみこと)
  • 大国主命(おおくにぬしのみこと)
  • 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
  • 伊邪那美尊(いざなみのみこと)

他二十二柱

【全山総祭神】
一八八柱

【ご利益】
心願成就・厄除開運・家内安全・病気平癒・社運隆昌・諸願成就・心身健全・神恩感謝・除災招福・方災除・安産・交通安全・学問成就

【参拝時間】
6:00~18:00

【社務所受付時間】
9:00~17:00

※ただし、御岩山への登拝は15:00まで。夜間は立ち入り禁止です。

 

御岩神社(おいわじんじゃ)は、茨城県日立市の御岩山にあり、日本でも有数の強烈なパワースポットです。

海抜530メートルの御岩山は、古くから信仰の山として多くの修行僧や山伏などが訪れた所でした。

霊気が漂う神域といわれる御岩山。

御岩山にある御岩神社(おいわじんじゃ)には、もの凄いパワーが溢れています!

スピリチュアルの関係者が多く訪れる神社としても有名ですよ。

 

そんな御岩神社は、かつて、水戸藩の祈願所でした。



御岩神社は水戸藩の祈願所だった

御岩神社は、江戸時代には、初代藩主徳川頼房公によって、水戸藩の祈願所でした。

以来、徳川光圀公など、藩主代々が参拝に訪れたことでも知られています。

パワ美
水戸黄門さまも御岩神社へ参拝に訪れていたなんて!あの笑い声を想像すると、パワーがいただけそうで、嬉しくなります^^

御岩神社には188柱もの神様が

御岩神社の創建時期は不明です。

でも、日本最古の書の1つ「常陸國風土記」(721年)に記されていることから、長い間、信仰の聖地とされていたことがうかがえますね。

御岩神社(おいわじんじゃ)は、日本でも珍しい神仏混淆(しんぶつこんこう)の神社です。

なんと、188柱もの神様がお祀りされているほど。

ですので、御岩神社を参拝すると、日本中のほとんどの神様にお参りができるのです。

パワ美
凄過ぎる!たくさんのご利益があるので驚きますね!
神仏混淆(しんぶつこんこう)とは、神様への信仰と、仏さまへの信仰が一つになった信仰のかたちです。明治維新以前の日本では、神仏混淆が1000年以上も続いていました。神仏習合(しんぶつしゅうごう)ともいいます。

御岩神社の境内には21の神社寺院があった

神仏混淆の神社である御岩神社(おいわじんじゃ)の境内には、かつて、21の神社寺院があったのです。

その後、明治維新によって神仏分離が行われます。

このため、観音堂や大日堂、念仏堂、大仁王門などが取払われることに。

ここから、神社としてのイメージが強くなったんですね!

でもまだ、一般的な神社とは違う雰囲気があります。

行事や遺跡跡などにも、当時の名残を見ることができますよ。

現在は、境内に斎神社(さいじんじゃ)があります。

また、御岩山には、かびれ神宮(かびれじんぐう)や薩都神社中宮(さとじんじゃちゅうぐう)があります。

それぞれの社の御祭神とともにご紹介しますね。

御岩山・かびれ神宮(かびれじんぐう)

御岩神社のかびれ神宮

【御祭神】

  • 天照大神(あまてらすおおみかみ)
  • 邇邇藝命(ににぎのみこと)
  • 立速日男命(たちはやひをのみこと)

境内社・斎神社(さいじんじゃ)

御岩神社の境内にある斎神社

【御祭神】

  • 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
  • 高皇産霊神(たかむすびのかみ)
  • 神皇産霊神(かみむすびのかみ)
  • 八衢比古神(やちまたひこのかみ)
  • 八衢比賣神(やちまたひめのかみ)

御岩山・薩都神社中宮(さとじんじゃちゅうぐう)

【御祭神】

  • 立速日男命(たちはやひをのみこと)

御岩神社のパワーの凄さ

御岩神社は、そのパワーの凄さから、他のパワースポットとは違う迫力のようなものがあるといわれています。

境内に入った瞬間に、ビリビリとしびれるような強烈なパワー!

清々しい空気の中にも、くっきりハッキリとした空気が流れます。

強烈なパワースポットということから、テレビ番組「国分太一のおさんぽジャパン」で紹介されました。

また、「にじいろジーン」でも紹介されましたね。

「にじいろジーン」のゲストは加藤小夏さんでした。

パワ美
加藤小夏さんといえば、ポカリスエットのCMが印象的でした。爽やかな彼女も、御岩神社の強烈なパワーを感じていたようです^^

テレビ番組で紹介されると、御岩神社の人気が、ますます高まりますね。

 

御岩神社がある御岩山は、神峰・高鈴ハイキングコースに入っています。

御岩山の頂上に上ると、太平洋を一望することができますよ。

また、遠く那須連山も見ることができるため、登山客も多く訪れる人気のスポットです。

ちなみに、登山といっても、頂上まで約40分で登ることができます。

にじいろジーンで紹介されたパワースポットならこちらもおすすめ
西新井大師のご利益は厄除け以外にも?人気の指輪との関係は?

では、最初にご紹介した、光の柱とはいったい何でしょうか?

 

お待たせしました。

いよいよ、御岩神社の光の柱について見ていきましょう。



御岩神社の光の柱とは?

御岩神社の光の柱とは、1971年1月31日に打ち上げられたアポロ14号の宇宙飛行士であるエドガー・ミッチェル氏が、宇宙から見たということで話題になったのことです。

アポロ14号で宇宙から地球を見たミッチェル氏は、地球のある部分だけが光っていることを発見。

地球に戻ってから、経度や緯度を計測して場所を特定しました。

その場所が、御岩山だったのです。

の場所を特定したミッチェル氏は、晩年来日した際に、御岩神社を訪ねます。

そして、このエピソードを宮司さんに話したそうです。

また、日本人宇宙飛行士の向井千秋さんも、スペースシャトルから光の柱を見ました。

その時、一緒にスペースシャトルにいたクルーたちも。

そこで場所を調べてみると、やはり日立市の山だったのです。

その山は、おそらく御岩山だといわれています。

パワ美
向井さんいわく「光の柱が立っていた」そうですよ!

宇宙へ届く光の柱! 一度見てみたいですね^^

 

では、光の柱の場所は、御岩山のどこなのでしょうか。

光の柱の場所は?

光の柱の場所は、御岩山の頂上付近にあります。

下の写真にある細長い石の先端部分から、光が出るといわれています。

御岩神社の光の柱

小さい祠(ほこら)の後ろに、細長い石がありますよね。その石の先端からですよ!

この石がある場所は、御岩山の頂上へ上って行く途中の、少しだけ下った所です。

案内などがない場所なので、じっくりと探してみて下さいね。

 

御岩神社で忘れてはいけないスポットは、まだあります。

忘れてはいけないスポットはいくつかあるのですが、その中から3つのスポットをご紹介しますね。

御岩神社で忘れてはいけない3つのスポット

1:御岩神社三本杉

御岩神社の御神木・三本杉
御岩神社で忘れてはいけないスポットの1つめは、御神木である御岩神社三本杉です。

御岩神社三本杉は、幹の途中から三本に分かれているのが特徴です。

高さは50メートルもあり、幹周りはなんと9メートル以上です。

また、推定樹齢は600年で、茨城県指定の天然記念物になっています。

全国でも「森の巨人たち百選」に選ばれているほど。

この御神木・御岩神社三本杉から、もの凄いパワーが溢れています。

ぜひ、そのパワーを感じ取って下さいね。

ただし、御神木には触れないように!気を付けましょう。

2:大日如来

御岩神社で忘れてはいけないスポットの2つめは、大日如来です。

御岩神社は、神仏混淆(しんぶつこんこう)の神社です。

このため、境内には、仏教・真言宗の御本尊である大日如来と仏教・天台宗の御本尊である阿弥陀如来も祀られています。

特に、大日如来は、お正月と「回向祭」でのみ御開帳になります。

パワ美
せっかくなので、大日如来が御開帳になる時に、御岩神社へ参拝に行きたいですね!
「回向祭」は、年に2回、春と秋に行われる祭礼です。宗教や宗派に関係なく、神様や仏さま、さらにご先祖に守護していただけるという、非常にありがたい祭礼です。祈ることで、全ての霊魂を冥福へと導いて下さいます。

大日如来のお守りもありますよ。

3:形代(かたしろ)

御岩神社で忘れてはいけないスポットの1つめは、形代(かたしろ)です。

形代(かたしろ)は、罪や穢れ(けがれ)を取り除いていただける、古くからの風習です。

心や体の不安な所を形代(かたしろ)でさすります。

その形代(かたしろ)に、息をフーッと吹きかけたら、手水舎のところにある泉に流しましょう。

ただし、形代(かたしろ)は年に数回だけです。

参拝の時にできればラッキーですね!

形代(かたしろ)ができるのは、お正月やゴールデンウィークなどです。

ちなみに、2018年のゴールデンウィークは、5月6日(日)までです。

まとめ

今回は、茨城県日立市にある、御岩神社についてお伝えしました。

宇宙へ届く光の柱。見に行きたいですね!

あなたも、その場所を探しに登山に行きませんか?

ただし、御岩山の登山(登拝)は15:00までです。

できるだけ早い時間にお出掛け下さい。

 

私が効果を実感しているパワーストーンブレスレットです!

私だけのブレスレット

ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットをオーダーしました。

とっても可愛いブレスレットで、すっかりお気に入りの1本です!

ヒラオカ宝石は、パワーストーンブレスレットを購入するならおすすめのお店ですよ。

詳細はこちらの記事でチェックして下さいね。

⇒【口コミ】ヒラオカ宝石のパワーストーンは効果なし?実際に使ってみた!

おすすめ関連記事はこちら



御岩神社の本殿

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。パワーストーンセラピストのパワ美です。パワーアップや運気アップすることが大好きです!プラスのエネルギー満載で、パワーストーンやパワースポットなどの情報をお伝えします。