神戸のパワースポット!布引の滝の4つの撮影スポットとは?ハイキングも楽しめる!

布引の滝

神戸のパワースポット・布引の滝(ぬのびきのたき)

布引の滝には、4つの撮影スポットがありますよ。

 

神戸というと、異人館や海のイメージが強いですよね。

パワ美
でも、ハイキングも楽しめる布引の滝という素敵な滝もあるのです。

 

今回は、神戸のパワースポットである布引の滝(ぬのびきのたき)についてお伝えします。

 

さっそく見ていきましょう!

目次

布引の滝(ぬのびきのたき)とは?

布引の滝
布引の滝(ぬのびきのたき)は、日本の三大神滝のひとつとされています。

日本の三大神滝は次の3つの滝です。

  • 兵庫県神戸市にある「布引の滝」
  • 和歌山県那智勝浦町にある「那智の滝」
  • 栃木県日光市にある「華厳の滝」

上記3つの滝は、日本の滝の中でも特に凄いパワースポットだといわれています。

 

そして、布引の滝はスピリチュアルスポットとしても有名です。

 

布引の滝(ぬのびきのたき)の特徴は、なんといっても、その滝を流れる水の美しさ。

まるで布をサラリと垂らしたような美しさから「布引の滝」と名付けられました。

「日本の滝100選」にも選ばれているほどです。

パワ美
布をサラリと垂らした様子をイメージしてみてください。
布引の滝は本当に美しいですよ。でも迫力もあります!

 

布引の滝は、東海道新幹線の新神戸駅からわずか15分程度で行ける距離にあります。

気軽にハイキングが楽しめるパワースポットとして人気です。

新神戸駅の付近では、時々、イノシシが現れることがあります。注意してください。
イノシシは食べ物を探しているので持っていると危険です。イノシシに遭遇した時、もし何か食べ物を持っていた場合は、その場で手放しましょう!

布引の滝(ぬのびきのたき)の4つの撮影スポット

布引の滝(ぬのびきのたき)は、4つの滝を総称する名前です。

このため、4つの滝それぞれがおすすめの撮影スポットとなります。

 

ハイキングコースで見られる順番としては次のようになります。

  1. 雌滝(めんたき)
  2. 鼓滝(つづみだき)
  3. 夫婦滝(めおとだき)
  4. 雄滝(おんたき)

 

では、4つの撮影スポットである滝を順番に7見てみましょう。

1:雌滝(めんたき)

新神戸駅を出発して10分程度歩くと、1つめの滝が見えてきます。

高さ19メートルの美しい滝、雌滝(めんたき)です。

写真では見えませんが、雌滝のすぐそばには、取水施設の雌滝取水堰堤(めんたきしゅすいえんてい)があります。

 

雌滝取水堰堤(めんたきしゅすいえんてい)は、国の重要文化財に指定されている建物です。

布引ダムから放水される水を、この雌滝取水堰堤で取水しています。

その水が、奥平野浄水場へと送られるのです。

そして、最終的に神戸市内の水道水として使われます。

パワ美
こんなに美しい滝から運ばれた水。だから神戸の水は美味しいのだと思います。

2:鼓滝(つづみだき)

雌滝(めんたき)から少し歩くと見えてくるのが、2つめの滝、鼓滝(つづみたき)

鼓滝(つづみたき)の高さは8メートルです。

パワ美
ここで、少し耳を澄ませてみましょう!

滝の音が鼓(つづみ)のように聞こえますよ。

鼓滝は、滝の音が、まるで鼓(つづみ)の音のように聞こえることから、その名前が付けられました。

でも、鼓滝は写真を撮るのが少し難しい場所です。

くれぐれも足元には気をつけてくださいね。

3:夫婦滝(めおとだき)

3つめの滝は夫婦滝(めおとだき)です。

 

実は、夫婦滝(めおとだき)は、4つめの滝である雄滝の下の部分なのです。

雄滝(おんたき)の下の滝つぼから分かれた2つの流れが、この場所で1つの滝になります。

このことから、夫婦滝という名前が付けられました。

夫婦滝の高さは9メートルです。

4:雄滝(おんたき)

雄滝(おんたき)は、布引の滝(ぬのびきのたき)の中では、一番上流にあります。

 

高さ 43メートルの大迫力 !

雄滝の滝壺の面積は430平方メートル、深さは6.6メートルもありますよ。

そして、雄滝の落ち口には、大小五つの穴が。

この穴は世界的にも稀な自然現象で、数十万年かかってできたとか。

岩石を流れる水の勢いがこの自然現象を作り上げたのです。

 

雄滝の落ち口の穴は伝説になっていて、竜宮城へ続く穴だといわれています。

パワ美
伝説になるほどの不思議な自然現象。自然のパワーを感じさせられます!

 

ちなみに、それぞれの穴には、次のような名前がつけられています。

  • 第1孔 滝姫宮(6.6メートル)
  • 第2孔 白竜宮(6.6メートル)
  • 第3孔 白鬚宮(6.6メートル)
  • 第4孔 白滝宮(5.5メートル)
  • 第5孔 五滝宮(1.5メートル)

※( )内は、深さです。

雄滝(おんたき)は、水の勢いがとてつもなく凄い!

日によって水の量は多少変わりますが、近づくと水しぶきで顔が濡れる程です。

水が勢いよく流れている様子が写真からもわかりますよね。

パワ美
特に、大雨が降った後なんて、恐怖さえ感じます。

でも、この場所マイナスイオンが一番多いのではないでしょうか。

空気もひんやりとしています。

パワ美
正確に言うと、ひんやりというか、スッキリ感があります。

 

また、雄滝の周りの岩肌にも注目です。

ガシガシと削り取られたような表情。

きっと、そこに立っているだけで浄化されてパワーチャージができるでしょう。

 

布引の滝(ぬのびきのたき)でパワーチャージをしたら、少し休憩もしたいですよね。

それなら、おすすめのお店があります。

ご紹介しますね。



休憩におすすめのお店

休憩におすすめのお店は、雄滝(おんたき)の前にある「おんたき茶屋」です。

おんたき茶屋

おんたき茶屋は、創業は大正4年という、あまりにも有名なお店です。

なんと、平成26年(2014年)に創業100年を迎えました。

 

そういえば、関西テレビの番組「よ~いドン!」では「となりの人間国宝さん」にも認定されていました。

おんたき茶屋窓からは、雄滝(おんたき)の大迫力!の姿を見ることができます。

素晴らしい景色と、滝の音。

そしてマイナスイオンを体全体で楽しみましょう!

パワ美
山の空気が心地良いです!できれば毎日行きたいくらい。

名物のおでんを食べながら、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしてくださいね。

おんたき茶屋

【住所】

兵庫県神戸市中央区葺合町布引遊園地45

※新神戸駅から 徒歩約15分(400メートル)

【電話】

078-241-3484

【営業時間】
10:00~17:00

※営業時間は、変更になる可能性もあります。事前に確認してください。

パワ美
布引の滝(ぬのびきのたき)へのアクセスは、新神戸駅からすぐです。

 

では最後に、観光マップのご紹介です。

観光マップを持って出掛けましょう!

布引の滝(ぬのびきのたき)へのアクセスは簡単で、新神戸駅からすぐ。

でも、地図があった方が、より安心ですよね。

 

そこで、「新神戸駅観光案内所」で「布引の滝周辺マップ」を貰うことをおすすめします。

パワ美
「新神戸駅観光案内所」は、新幹線の新神戸駅・改札横にありますよ。

「新神戸駅観光案内所」は、新神戸方面から布引の滝に行くには、必ず通る場所です。

念のために地図は貰って行きましょう!

まとめ

布引の滝の近くの山の中
今回は、神戸のパワースポット!布引の滝(ぬのびきのたき)についてお伝えしました。

 

布引の滝は新神戸駅から近いのでフラッと行けます。

ハイキングも楽しめる神戸のパワースポット!

次の休日に、さっそく行ってみては?

 

三ノ宮からでも少し足を延ばせば歩いて行くことができますよ。

ただし、布引の滝へは、できるだけ歩きやすい服装と靴で出掛けましょう!

比較的歩きやすい道ですが、場所によっては登山といえるかもしれません。

 

布引の滝(ぬのびきのたき)で浄化されてパワーアップしたら、あなたの金運がアップするかも。

神戸には、他にも金運がアップするおすすめのスポットがあります。

金運がアップする神戸のパワースポットをまとめてみました。

こちらの記事も参考にしてください。

⇒神戸のパワースポット・金運アップおすすめランキング10選!

布引の滝

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次