杉並区・馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益とは?龍の鳥居のパワースポット!

お稲荷さん・小さいお稲荷さん

東京都杉並区の馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益とはどのようなものでしょうか。

 

龍の鳥居があるパワースポットとして知られる馬橋稲荷神社。

住宅街にありながら、凄いパワースポットだといわれています。

 

今回は、東京杉並区の馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益などについてお伝えします。

馬橋稲荷神社には珍しいお守りもありますよ!

目次

馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)とは?

馬橋稲荷神社の参道から見る拝殿

【名称】
馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)

【御祭神】
宇迦之魂神(うかのみたまのかみ)

【住所】
東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-4-4

【ご利益】
良縁成就・商売繁盛・五穀豊穣

【社務所・受付時間】
8:30~18:00
※変更になる場合があります。事前に確認してください。

【アクセス】
JR阿佐ヶ谷駅 または 高円寺駅より 徒歩約10分

馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)は、東京都杉並区の住宅街にある神社。

 

馬橋稲荷神社が建立されたのは鎌倉時代といわれています。

馬橋稲荷神社は、古くから地域の人達に「お稲荷さん」と呼ばれ大切にされてきた神社なのです。

 

もともとは、稲荷神社だけだった馬橋稲荷神社。

ところが明治40年に、当時の馬橋村にあった(御嶽神社、白山神社、天神社、水神社)を合祀することになりました。

このため、馬橋稲荷神社の境内にはたくさんの神様をお祀りしています。

 

龍の鳥居がある東京都杉並区の人気のパワースポットです。



馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益とは?

馬橋稲荷神社のお稲荷さん
馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益は、良縁成就・商売繁盛・五穀豊穣です。

 

でも、先ほどお伝えしたように、馬橋稲荷神社の境内には、御嶽神社・白山神社・天神社・水神社の神様もお祀りされています。

このため、ご利益が凄いのです!

では、馬橋稲荷神社の境内にお祀りされている、他の神様を順番に見てみましょう。

馬橋稲荷神社の境内にお祀りされている神様

1:御嶽神社

御祭神

  • 大麻等能豆神(おおまとのづのかみ)

2:相殿(白山神社・水神社・天神社)

御祭神

  • 伊弉册神(いざなみのかみ)
  • 美都波能賣神(みずはのめのかみ)
  • 菅原道真朝臣(すがわらみちざねあそん)

3:末社

御祭神

  • 美都波能賣神(みずはのめのかみ・水神社)
  • 市杵島姫神 (いつきしまひめのかみ)

これだけたくさんの神様がお祀りされているなんて驚きです。

ご利益が凄いというのも納得ですね!

 

そして馬橋稲荷神社の境内には、さらにパワースポットが!

続いて、そのパワースポットを3つご紹介します。

馬橋稲荷神社の3つのパワースポット

馬橋稲荷神社の境内の3つのパワースポットを順番にご紹介します。

1:龍の鳥居がパワースポット!

馬橋稲荷神社には、龍の鳥居があります。

こちらの龍の鳥居が1つめのパワースポットです!

この龍の鳥居は、双龍鳥居(双龍門)といいます。

 

双龍鳥居は石の鳥居。

左右の柱に、昇り龍と降り龍が彫られています

 

馬橋稲荷神社の双龍鳥居(双龍門)は、東京都内に3つだけという貴重な鳥居。

高さは8メートルもあります。

東京都内に3つだけという双龍鳥居(双龍門)は、「東京三鳥居」と呼ばれています。

「東京三鳥居」のうち2つは、宿鳳山高円寺(しゅくほうざんこうえんじ)境内の稲荷社と品川神社にあります。

その中でも、馬橋稲荷神社の双龍鳥居(双龍門)は、迫力があるといわれています。

 

双龍鳥居に彫られている龍は、向かって左側が昇り龍、右側が降り龍です。

昇り龍は、願い事を天に届けてくれます。

そして、降り龍は、願い事を叶えてくれるのです。

 

ぜひ、あなたも双龍鳥居(双龍門)に触れながら願い事をしてください。

ただし、願い事は1つにした方が叶いやすくなるといわれていますよ。

パワ美
住所・名前・願い事を、その順番通りに願うのがポイントです!

あなたの願いが叶うはず^^

2:随神門の鈴がパワースポット!

拝殿までの参道に、隋神門があります。

この隋神門に2つめのパワースポットがあります!

 

馬橋稲荷神社の隋神門は、昭和50年の鎮座700年記念に完成したもの。

隋神門は、邪悪なものから神社を守るための門です。

 

左右の柱には、隋神像が祀られています。

右側が豊磐間戸命(とよいわまどのみこと)、左側が奇磐間戸命(くしいわまどのみこと)です。

この隋神像が、馬橋稲荷神社の門番となっています。

 

ここで、隋神門を見上げてみてください。

中央に、大きな鈴が吊るされていますよね。

 

この鈴は、都内で最大の大きさという開運の大鈴です。

大鈴の直径は、なんと75cm!

この開運の大鈴がパワースポットです!

開運の大鈴の下で、願い事をしながら手を叩いてみましょう。

 

鈴の音が響きますか?

音が響けばあなたの願い事が神様に届くでしょう。

大丈夫です、きっと叶いますよ!

パワ美
もし、音が響かなければ、響くまで手を叩いてください。チャンスは何度でもあります^^

 

ちなみに、開運の大鈴は、一年に何度か鳴らすことができます。

お正月(1月4日のみ)、初午(2月)、例大祭(9月)となっていますが、変更になる可能性があります。事前に確認してください。

 

続いて、馬橋稲荷神社の3つめのパワースポットです。

3:難除けの神輿(みこし)がパワースポット!

馬橋稲荷神社には難除けの神輿(みこし)があります。

この難除けの神輿が、3つめのパワースポットです!

 

難除けの神輿は、神職さんにお願いするとお参りすることができますよ。


左上の写真が、難除けの神輿(みこし)です。

 

難除けの神輿は、関東大震災によって保管していた場所が消失したのにもかかわらず無事でした。

このため、難を逃れた難除けの神輿(みこし)として知られています。

4年に一度、神幸祭(しんこうさい)も行われています。
パワ美
ピカピカでとっても綺麗な神輿。いかにもパワーがありそうですね。

 

ちなみに、馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)は、テレビ番組『にじいろジーン』で紹介されたことがあります。

ゲストは、遼河はるひさんと、岡井千聖さんでした。

遼河はるひさんの、良縁を願う本気度が面白かったです。

岡井千聖さんも、金運アップを願っていましたよ。

にじいろジーンで紹介のパワースポットについてはこちらをご覧ください

馬橋稲荷神社がある地域には『桃園川』があった

この地域には、もともとは魚がたくさんいるほど綺麗な水の『桃園川』がありました。

そこには龍神様がおられたといわれています。

 

ところが、川の氾濫や汚染問題などが原因で川を塞ぐことに。

そこで、神社では、境内に小川を作ることにしたのです。

今では、境内の小川に龍神様がいらっしゃるとのことです。

 

馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益は、たくさんの神様と龍神様のお陰なんですね。

パワ美
たしかに、人気のパワースポットになるはずです。

 

では最後に、馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)の御朱印とお守り、絵馬をご紹介します。



馬橋稲荷神社のお守り・御朱印・絵馬は?

順番に見てみましょう。

馬橋稲荷神社のお守り

こちらは、四魂のお守りです。

色が渋めで、珍しいお守りですね。

馬橋稲荷神社の四魂のお守りには、「荒・和・奇・咲」という4種類があります。

4種類のお守りの、それぞれの意味は次の通りです。

  • 荒魂(あらみたま)あらび守り : 躍動・勝運アップ
  • 和魂(にぎみたま)なごみ守り : 和合・夫婦円満や家族
  • 奇魂(くしみたま)くしび守り : 霊妙・病気平癒
  • 幸魂(さきみたま)咲き守り  : 成功・学業成就
パワ美
珍しいお守り、ぜひいただきたいですね!

馬橋稲荷神社の御朱印

御朱印も個性的です!

馬橋稲荷神社の絵馬

お稲荷さんがスッとしていて、素敵な絵馬です^^

そして、右側のお狐さんは、『願かけ狐』といいます。

 

願いを書いた紙を、お狐さんの中に入れて、境内に奉納しましょう。

すると、お稲荷様の使いである、お狐さんが神様に願いを届けてくれるとか。

パワ美
小さいお狐さん、とっても可愛いですね!

まとめ

馬橋稲荷神社の境内からの眺め
今回は、東京杉並区の馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)のご利益などについてお伝えしました。

 

もう一度、馬橋稲荷神社のご利益をおさらいしておきましょう。

馬橋稲荷神社のご利益は、良縁成就・商売繁盛・五穀豊穣です。

 

たくさんの神様と龍神様のご利益で、あなたの願い事が叶いますように!

馬橋稲荷神社の珍しいお守りも、ぜひいただいてくださいね。

 

お稲荷さん・小さいお稲荷さん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次